ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > (仮称)つがる西洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する意見の概要

更新日付:2018年2月5日 環境保全課

(仮称)つがる西洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する意見の概要

計画段階環境配慮書

審査会意見
  • 事業実施想定区域周辺には、他事業者による既存及び計画中の風力発電事業が多数存在していることから、これらの事業との累積的な環境影響が想定される環境影響評価項目を環境影響評価方法書において選定すること。
  • 事業実施想定区域周辺には住居等が多数存在しており、施設の稼働に伴う騒音及び超低周波音並びに風車の影が生活環境に重大な影響を及ぼすおそれがあることから、これらの影響を回避又は低減するため、風力発電設備を住居等から離隔するなど、風力発電設備の配置等に十分配慮すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺には津軽国定公園が位置している。同公園内には、主要な眺望点が多数存在しており、風力発電設備の設置により、これらの眺望点からの眺望景観に重大な影響を及ぼすおそれがあることから、風力発電設備の配置等に十分配慮すること。
  • 事業の実施に伴い発生する水中音は、海域に生息する動物に重大な影響を及ぼすおそれがあることから、環境影響評価方法書において、建設機械の稼働及び施設の稼働に係る環境影響評価項目として海域に生息する動物を選定し、当該動物に対する水中音の影響を適切な手法により調査、予測及び評価すること。
  • 事業の実施に伴う環境影響は、風力発電設備の構造、配置等により大きく異なることから、環境影響評価方法書において、これらを示した上で環境影響評価項目を選定し、適切な手法により調査、予測及び評価すること。
知事意見

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度