ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 青森県の対策

更新日付:2017年6月29日 環境保全課

青森県の対策

青森県アスベスト問題対策本部

 県では、平成17年度10月6日、副知事を本部長とする「アスベスト問題対策本部」を設置し、アスベスト問題に関する総合的な対策の推進に努めています。

青森県アスベスト問題対策本部設置要綱PDFファイル[77KB]

青森県アスベスト問題対策アクションプログラム

 県では、アスベスト問題に関する対策を総合的に推進していくための具体的な事業や取組を、アクションプログラムとして取りまとめました。
青森県アスベスト問題対策アクションプログラム(平成29年3月30日改訂)

東北地方太平洋沖地震に伴う津波による被災地の大気中アスベスト濃度調査結果

 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波により、多くの建築物等が損壊するとともに、膨大な量の災害廃棄物が発生しました。
 これら災害廃棄物の中にはアスベストを含有する建材等が含まれる可能性があることから、県では県民等のアスベストによるばく露を防止することを目的に、被災地周辺のべ14地点及び災害廃棄物集積所周辺のべ32地点において大気中のアスベスト濃度を調査しました。
 調査結果は以下のとおりであり、全ての地点で10本/L以下でした。
・東北地方太平洋沖地震に伴う津波による被災地の大気中アスベスト濃度調査結果【3月28日調査】
・東北地方太平洋沖地震に係る災害廃棄物集積所周辺アスベスト濃度調査結果【4月14日、4月22日調査】
・東北地方太平洋沖地震に係る災害廃棄物集積所周辺アスベスト濃度調査結果【5月23日、5月24日、5月25日調査】
・東北地方太平洋沖地震の被災地における大気中アスベスト濃度調査結果【6月22日、23日、27日、29日、7月1日調査】
・東北地方太平洋沖地震の被災地における大気中アスベスト濃度調査結果【7月21日、25日、26日調査】
・東北地方太平洋沖地震の被災地における大気中アスベスト濃度調査結果【10月17日、25日調査】

東北地方太平洋沖地震の被災地で活動する際の防じんマスクの着用について

 このたびの地震の被災地では、災害復旧工事による建築物等の解体・改修工事やがれきの処理に伴って、アスベストを始めとする粉じんの飛散が懸念されています。
 被災地において作業を行う住民の方、また、ボランティアの方は、アスベストを始めとする粉じんのばく露防止のために、防じんマスクを着用して安全の確保に努めるようお願いします。

【参考】環境省ホームページ
・東日本大震災への対応について ○アスベスト対策
・マスクのつけ方について

県有施設等におけるアスベストフォローアップ調査

 県では、定期的な点検・記録による管理を行うこととしている県有施設等について、フォローアップ調査を実施しました。
県有施設等におけるアスベストフォローアップ調査の結果について(平成28年12月末時点)

県有施設等における実態調査

県営住宅等における吹付けアスベスト等の使用実態について

 県が管理する県営住宅及び特定公共賃貸住宅における吹付けアスベスト等の使用に関する情報をお知らせします。
 ・県営住宅等における吹付けアスベスト等の使用実態についてPDFファイル[122KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

市町村等所有施設における実態調査

 県では、市町村等(一部事務組合等を含む。)所有の施設における吹付けアスベスト等の使用状況について調査を実施し、その結果をとりまとめました。
市町村等所有施設における吹付けアスベスト等使用実態調査結果(最終結果)について(再掲)(PDF:30KB)
(PDF:134KB)

助成制度

 県では、中小企業者を支援するため、中小企業者が実施するアスベストの使用状況等の調査、除去、封じ込め等について、「経営安定化サポート資金」の対象としました。
 「経営安定化サポート資金」

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度