ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 県境不法投棄事案アーカイブ資料編 原状回復対策調査(平成14年度)

更新日付:2014年7月17日 環境保全課

県境不法投棄事案アーカイブ資料編 原状回復対策調査(平成14年度)

原状回復対策調査(平成14年度)

調査目的

 原状回復措置に関して、対象地の水理構造(地質構成・地質構造・地盤透水性・地下水位分布等)、埋積廃棄物の分布状況や汚染の分布・拡散状況、水処理施設の基礎地盤状況についてボーリング調査等を行い、全体施設配置計画を始めとする全体基本計画を策定するための基礎資料とする。

調査内容

1)地形測量
事業場周辺約60ヘクタールの地形測量を行い、調査・設計へ利用することとした。
2)地盤透水性調査
3)水処理施設地盤調査
・鉛直ボーリング:3孔63m
・標準貫入試験:48回
・室内岩石試験等
水処理施設調査 ボーリング調査結果 PDFファイル 5,577KB
水処理施設調査 室内土質・岩石試験結果一覧表 PDFファイル 910KB
4)ダイオキシン類汚染土壌調査
・鉛直ボーリング:4孔
・廃棄物中DXN類分析:5地点混合法、4検体
・土壌中DXN類分析:5検体
ダイオキシン類調査 ボーリング調査結果 PDFファイル 1,962KB

調査結果概要

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課
電話:017-734-9261  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度