ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 酸性雨調査結果

更新日付:2017年9月6日 環境保全課

酸性雨調査結果

 酸性雨とは、工場、事業場から排出されるばい煙などに含まれている硫黄酸化物や窒素酸化物といった酸性物質が雨水に取り込まれることによって生ずるpH5.6以下の雨のことです。
 
 pH(ピーエイチ、ペーハー)とは水素イオン濃度を表わす値で、酸性が強いほど小さい値になります。

 酸性雨は1970年代に欧米で初めて被害が問題となり、欧米では国を越えた様々な対策をこれまで実施してきました。

 日本では、環境省(庁)が昭和58年度(1983年)に第1次酸性雨対策調査を開始し、平成12年度まで第4次にわたる酸性雨モニタリングを行ってきました。現在も、酸性雨長期モニタリング計画に基づき、継続して酸性雨の調査を行っています。

 国際的には、東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)が平成10年4月から試行稼働を開始し、平成12年度から本格稼働しています。青森県外ヶ浜町に設置されている国設竜飛岬酸性雨測定所もネットワーク測定所として選定されています。
  • 国設酸性雨測定所(外ヶ浜町:竜飛岬)
青森県でも国の第1次酸性雨対策調査を受け、昭和58年度から県独自に酸性雨の実態を把握するための調査を行っています。

 県の調査結果については次のとおりです。

調査結果

関係機関へのリンク

財団法人 日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター
((財)日本環境衛生センターアジア大気汚染研究センターのホームページです。酸性雨についてわかりやすく説明しています。)
環境省 酸性雨対策ホームページ
(環境省のホームページです。これまでの国の調査結果などが掲載されています。)

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度