ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > PRTR制度について

更新日付:2017年3月28日 環境保全課

PRTR制度について

 PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)は、人の健康や生態系に有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源からどれくらい環境中へ排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外へ運び出されたかというデータを事業者自らが把握し、県を経由して届け出たものを国が集計し、公表する仕組みです。これによって、毎年どんな化学物質が、どこからどれくらい排出されているのかを知ることができます。

 環境省及び経済産業省のホームペ-ジでは、全国・都道府県別、業種別などの集計表や概要資料などを公表しています。
環境省 http://www.env.go.jp/chemi/prtr/risk0.html
経済産業省 http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/index.html

集計結果(把握年度)
 県では、国の公表データをもとに、県内における排出量及び移動量について公表しています。
平成27年度[217KB]
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
事業者の方へ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242(直通)  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度