ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > H26エコ・アドバイザー養成講習会★実施レポート(八戸編)

更新日付:2014年6月13日 環境政策課

H26エコ・アドバイザー養成講習会★実施レポート(八戸編)

 青森県では、より多くの皆様にエコドライブを知っていただくために、エコドライブ講習会のインストラクターとなる「エコ・アドバイザー」の養成講習会を実施しています。

 この講習会は、県内の自動車関連業界(販売、教習所、運送、旅客等)にお勤めの方や、地球温暖化防止活動をされている自治体・NPO法人などの職員の方を対象にしたもので、県主催のエコドライブ実技講習会でのインストラクターとしてだけでなく、御自身がお勤めの職場でも実践していただきたい方々ばかり!
 今年度は県内4地区(八戸市・弘前市・十和田市・青森市)で開催しますので、当日のようすをレポートしたいと思います♪

 さて、今回はエコ・アドバイザー養成講習会「八戸編」の報告です!


※「エコドライブ」とは?→詳しくはこちら(http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ecodrive.html
開催日時
平成26年6月9日(月)9:00~16:00
開催場所
三八五オートスクール八戸校(八戸市長苗代字中坪107-2)
受講者数
8名(自動車教習所、自動車販売店にお勤めの方々など)
講習会レポート
やってきました、今年度第1回エコ・アドバイザー養成講習会!
会場は、八戸市の三八五オートスクール八戸校さんに御協力いただきました。
開講式です。
養成講習会では、JAFのインストラクターが講師となります。
自己紹介の後、JAFの主任指導担当の方から講習会の概要について説明があります。
まずは普段の運転をしてもらいます。この後に、エコドライブの方法について教室で講義を受け、その後にまた運転をして、どのくらい燃費が改善されたか!?を比較するんですね。
車にはインストラクター1名、受講者が2~3名乗っています。
この日はあいにく雨が降ったり止んだりで、受講者の方々はちょっと大変だったかもしれませんが、まず車に慣れてもらうための慣熟走行を行ってから、走行データを取ります。
座学でエコドライブの方法について学んでいるところです。
座学では、DVDの動画を中心に、講師がリーフレットを参照しながらポイントを解説します。
たとえば、 エンジンが1,300回転以上の時にアクセルを離すと、燃料噴射が止まりますが、この時は燃料をまったく使わない状態になります(フューエルカット)
減速時などは、フットブレーキと併せてエンジンブレーキを利用すると燃費が向上します。
そして、事後走行です。この日は地元テレビ局(青森朝日放送)が来ていて、受講者の皆さんも緊張されたかもしれません。
まず、インストラクターが「通常運転」、「省エネ運転」、「エコドライブ」の3種類の違いについて説明し、エコドライブの説明走行を行います。
自分の車だけ考えると省エネ運転が最も燃費がよさそうですが、ノロノロ運転になりがちなので、後続の車両に迷惑をかけることとなり、結果的には後続車両の燃費が悪くなるためエコドライブにはなりません。メリハリある運転が大事なんですね!
事後走行後、受講者にインタビューするTV局の方々。
受けているのはなんと、FM青森(ラジオ局)のパーソナリティーの方・・。
(※実は、このラジオ局で後日エコドライブ実技講習会等について取り上げることとなったこともあり、パーソナリティーさんからエコ・アドバイザー養成講習会の受講申込があったのでした。)
とっても良い声で、ハキハキと感想をお話していただきました!
ラジオでも今後是非イベントなどで普及いただければと思います。
事後走行後、運転操作以外の燃費向上方法について座学を受けた後、結果診断書を各自に配布し、個別にアドバイスを受けます。
インストラクターから運転の癖も教えてもらえるので、改善方法がわかります。

※ちなみに、使用した燃費計はこちらです↓
午後の部では、インストラクターとしての指導方法について学びます。
まずは、燃費計の接続方法について。
こちらのインストラクターさんが持っているのがテクトム社の燃費計です。
車によって、取付位置や設定が異なるので、実践で覚えていただきます。
今回お借りした教習車両のランサーは、運転席のだいぶ奥の方にありました。



「え!?

まさかこんな奥に!!?」
そして、インストラクターとして走行の見本の示し方、一緒に乗った際にどのように指導するのかを実践します。
交代で指導役を体験し、講師としての指導の仕方を学びます。
最後に、走行データをどのように処理するのかを学びます。
燃費計のSDカードに走行データが記録されるので、これをパソコンに接続してデータを取込み、専用ソフトでデータを処理して、結果診断書を印刷。
そして、受講者に結果診断書の見方の説明方法、アドバイス方法などを学びます。
こちらも交代でシミュレーションします。
そして、閉講式。
エコ・アドバイザー認定証がそれぞれに渡されます。
今後、受講された皆さんには、それぞれのフィールドでエコドライブの普及を行っていってもらえたら、と思います。
以上、八戸会場からのレポートでした~~。
今回の講習会では、燃費改善率は9.5%~26.5%でした。(8人平均18.3%)
※講習会では2km程度の距離の走行のため、あくまでも参考値としてとらえる必要があります(燃費計をつけて数十km計測すると精度が上がります)し、普段からエコドライブに近い運転をされていた方は改善率も低めに出る傾向があります。
 
 
 次回は、「弘前編」です!
エコドライブの実践は、CO2排出量の削減により地球温暖化防止に役立つだけでなく、ガソリン代の節約や安全運転にもつながります。
地球にも、お財布にも、人にもやさしいエコドライブを、ぜひ実践してみてください。

「エコドライブ」の実践方法は?→詳しくはこちら(http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ecodrive.html
★一般向けの「エコドライブ実技講習会」は各会場現在募集中!

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 低炭素社会推進グループ
電話:017-734-9243  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度