ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 「平成30年度もったいない・あおもり県民運動推進大会」を開催しました!

更新日付:2019年1月24日 環境政策課

「平成30年度もったいない・あおもり県民運動推進大会」を開催しました!

大会の趣旨

もったいないあおもり県民運動10周年記念大会チラシ
「もったいない・あおもり県民運動」では、温室効果ガスの排出量削減やごみ排出量の抑制、リサイクル率の向上を目指し、県民、事業者、関係団体等の皆様のご協力により、様々な取組を推進してきました。

また、地球温暖化対策につながる賢い選択を一人ひとりが意識して行う姿勢を明らかにするため、昨年4月に「COOL CHOICE あおもり宣言」を採択し、各主体の連携による取組を一層強力に進めているところです。

そこで、今一度、地球とあおもりの未来のために私たち一人ひとりができることを考え、「もったいない」を再認識するため、「もったいない・あおもり県民運動推進大会」を開催しました。

お陰様で、たくさんの県民の皆様の参加をいただき、会場は満員となりました。ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。

大会プログラム

司会 坂口千夏

  • 13時30分 開会あいさつ 青森県副知事 佐々木郁夫
  • 13時35分 表彰式
    ○青森県循環型社会形成推進功労者等表彰
    ○もったいない・あおもり賞
    ○スマートムーブ通勤アワード
    ○3Rでごみを減らそう!標語コンテスト
  • 14時25分 「COOL CHOICE」取組紹介
  • 14時30分 
     講演 「もったいないが未来を変える!食からはじめる"COOL CHOICE"」
     講師  井出留美 氏 (食品ロス問題専門家・ジャーナリスト・消費生活アドバイザー)
  • 15時30分 閉会

開会あいさつ

知事あいさつ
佐々木副知事が出席し、今一度「もったいない」の精神を再認識していただくとともに、未来を変える賢い選択「COOL CHOICEあおもり」を合言葉に、県民総参加による低炭素・循環型社会の実現に向けて、一層のご理解とご協力へのお願いを述べました。

表彰式

  • 表彰式1
    青森県循環型社会
    形成推進功労者等表彰
  • 表彰式2

    もったいない・あおもり賞
  • 表彰式3

    スマートムーブ通勤アワード
  • 表彰式4
    3Rでごみを減らそう!
    標語コンテスト

青森県循環型社会形成推進功労者等表彰

青森県循環型社会形成推進功労者等表彰
この表彰は、本県の環境保全や環境美化及び3R活動の推進、廃棄物処理業、浄化槽設置・保守点検等事業において、特に顕著な功績があった個人、企業又は団体を表彰するものです。

受賞者の皆さんとその功績をご紹介します。

※過去の受賞者はこちらをクリックしてください。
熊谷浩二様
<地域環境保全功労者>
熊谷 浩二 様 (東京都) (八戸工業大学大学院名誉教授)
県の環境審議会会長や循環型社会形成推進委員会委員長を務めるなど、専門的知見から多年にわたり本県の環境行政の推進に貢献されました。
十和田パイオニア株式会社様
<循環型社会形成推進功労者(3R活動優良企業)>
十和田パイオニア株式会社 様 (十和田市)
廃棄物の43種類分別や、従業員やその家族による地域の清掃活動・分別リサイクルの取組などにより、循環型社会形成の推進に貢献されました。
相内喜久男様
<廃棄物関係事業功労者>
相内  喜久男 様 (今別町) (相内建設株式会社 代表取締役/一般社団法人青森県産業廃棄物協会会員)
多年にわたり、産業廃棄物処理業に精励されるとともに、(一社)青森県産業廃棄物協会会員として適正処理の推進などに尽力されました。
竹達幸雄様
<浄化槽関係事業功労者>
竹達   幸雄 様 (十和田市) (株式会社竹達建設 取締役会長/青森県環境整備事業協同組合 理事)
多年にわたり、し尿収集運搬、浄化槽保守点検清掃事業に精励されるとともに、青森県環境整備事業協同組合の役員として組合事業の発展向上などに尽力されました。

もったいない・あおもり賞

もったいない・あおもり賞
もったいない・あおもり県民運動の一環として、「あおもりエコの環スマイルプロジェクト」に参加登録している事業所(あおもりECOにこオフィス・ショップ)、学校、団体のうち、省エネルギーやごみの減量、リサイクルなど環境に配慮した優れた取組を行った団体等を表彰するものです。

受賞者の皆さんとその取組をご紹介します。

※過去の受賞者はこちらをクリックしてください。
協同組合青森総合卸センター様
<事業者の部>
協同組合 青森総合卸センター 様 (青森市)
紙類や木製パレット、空き缶などの回収や地域の緑化活動に取り組まれました。
青森設備工業株式会社
<事業者の部>
青森設備工業株式会社 様 (青森市)
グリーン購入の毎月の状況の把握や、オフィス町内会に加入し段ボールや雑紙の回収・リサイクルを推進されました。
生長の家青森県教化部様
<事業者の部>
生長の家青森県教化部 様 (青森市)
プラグインハイブリッドカー(PHEV)導入のほか、電気自動車充電設備を一般開放し、環境負荷の少ない移動の普及に貢献されました。また、社会貢献として毎月、隣接する公園の清掃活動にも取り組まれました。
株式会社永木精機六ヶ所村工場
<事業者の部>
株式会社永木精機六ケ所村工場 様 (六ケ所村)
夏の遮熱対策としてグリーンカーテンを設置されたほか、社内ECOポイント制度を導入し、社員の環境配慮行動に対する意欲高揚の促進に取り組まれました。
新城川をきれいにする会様
<学校・団体の部>
新城川をきれいにする会 様 (青森市)
地域の小学校、中学校、高等学校の児童・生徒や保護者、地域住民、企業等との連携・協力により、新城川の積極的な清掃活動に取り組まれました。


この他、表彰式当日、御都合により欠席されましたが、株式会社ササキコーポレーション様、十和田市立法奥小学校様が受賞されました。取組については、以下のとおりです。

<事業者の部>
株式会社ササキコーポレーション 様 (十和田市)
ガソリンを使用しない電動除雪機や農作業機具の開発・販売に取り組まれるとともに、同社保有地の太陽光発電所を稼働させ、再生可能エネルギーの普及に貢献されました。

<学校・団体の部>
十和田市立法奥小学校 様 (十和田市)
親子で3Rに取り組み、児童とその保護者や地域の方とともに段ボール、新聞、雑誌など有価資源ごみの回収に取り組まれました。

スマートムーブ通勤アワード

スマートムーブ通勤アワード
この表彰は、公共交通機関や徒歩、自転車の積極的な利用及びマイカー通勤におけるエコドライブの実践など、環境に優しい移動方法での通勤「スマートムーブ通勤」に積極的に取り組んだ事業所を表彰するものです。

受賞者の皆さんと、その取組をご紹介します。
株式会社みちのく計画様
株式会社みちのく計画 様 (青森市)
社内で「スマートムーブ実行委員会」を立ち上げ、フロアごとの強化期間を設けるなど参加方法を工夫し、参加率100%を達成されたほか、社内で継続している健康増進の取組と合わせてスマートムーブ通勤の実践を呼びかけることにより、CO2排出量削減と社員の健康管理に効果的・効率的に取り組まれました。
十和田パイオニア株式会社
十和田パイオニア株式会社 様 (十和田市)
環境マネジメントのプロセスの一つとしてスマートムーブ通勤月間の実施を位置付け計画的な活動を展開されているほか、社員の参加意欲向上に向けた創意工夫や全体朝礼を活用した説明会の実施などに取り組まれました。
有限会社ループ様
有限会社ループ 様 (三沢市)
独自の取組結果報告用紙を作成し、社長からの参加呼びかけの文書とともに全社員に配布するなど参加方法を工夫し、参加率100%を達成されたほか、スマートムーブ通勤月間の実施期間中、社用車のドライブレコーダーを活用したエコドライブと安全運転の意識付けを重点的に実施されるなど、CO2排出量削減と交通安全に効果的・効率的に取り組まれました。

3Rでごみを減らそう!標語コンテスト

3Rでごみを減らそう!標語コンテスト
この表彰は、県民の3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取組に対する意識啓発を図ることを目的に県内の小学生を対象に募集し、応募のあった1,391作品の中から、啓発にふさわしい優れた作品を表彰するものです。

受賞者の皆さんと、その作品をご紹介します。

※「3Rでごみを減らそう!標語コンテスト」のページにも掲載しています。
荒谷剛琉さん
<最優秀賞>
荒谷剛琉(あらやたける)さん (階上町立大蛇小学校 6年)

「エコ活動 だれかじゃなくて 自分から」
金田一優空さん
<優秀賞>
金田一優空(きんだいちゆあ)さん (八戸市立南郷小学校1年)

「リサイクル あたりまえって なるきもち」
三橋亜優さん
<優秀賞>
三橋亜優(みつはしあゆ)さん (田舎館村立田舎館小学校3年)

「のこさない おいしく食べて ゴミださない」
高木月乃さん
<優秀賞>
高木月乃(たかぎつきの)さん (鶴田町立鶴田小学校5年)

「ごみへらし 全国1位 めざそうよ」
神碧斗さん
<奨励賞>
神碧斗(じんあおと)さん (十和田市立西小学校1年)

「ごみのない みらいをこのてで つくるんだ」
中山ひなのさん
<奨励賞>
中山ひなの(なかやまひなの)さん (弘前市立致遠小学校1年)

「しぜんにね ぶんべつできると うれしいね」
三上柚衣さん
<奨励賞>
三上柚衣(みかみゆい)さん (弘前市立朝陽小学校3年)

「コンビニで ふくろいいです いってみる」
沖田大志さん
<奨励賞>
沖田大志(おきたたいし)さん (南部町立向小学校3年)

「つなげたい ぼくらのみらいに リサイクル」
古井希香さん
<奨励賞>
古井希香(ふるいののか)さん (八戸市立西白山台小学校5年)

「買う前に ほんとにほしい? たしかめて!」
上原華恋さん
<奨励賞>
上原華恋(うえはらかれん)さん (弘前市立北小学校5年)

「限りある しげんを大事に 未来へと」

「COOL CHOICE」取組紹介

大会のテーマにもなっている「COOL CHOICE」及び青森県の取組についてスライドショーで紹介しました。

  • 取組紹介1
  • 取組紹介2
  • 取組紹介3

食品ロス問題専門家井出留美氏 講演 「もったいないが未来を変える!食からはじめる"COOL CHOICE"」

井出氏の講演では、食品ロスの削減に向けて、私たちが今、取り組むべきことを、国内外の事例紹介等をクイズを交えて楽しいお話で伝えていただき、会場の一人ひとりが、これからの青森県の環境のためにできることを考えるきっかけとなりました。

  • 井出留美氏講演1
  • さかなクン講演2
  • さかなクン講演3
  • 講演

主催


この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 循環型社会推進グループ
電話:017-734-9249  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度