ホーム > 県政情報 > 広報広聴 > 微小粒子状物質(PM2.5)とは何ですか?

更新日付:2014年6月26日 

微小粒子状物質(PM2.5)とは何ですか?

回答

 微小粒子状物質(PM2.5)は、大気汚染物質の1つで、大気中に浮遊する粒子状物質のうちでも特に粒径の小さいもの(直径2.5μm以下の粒子状物質)を言います。
 PM2.5については、呼吸器の奥深くまで入り込みやすいことなどから、人への健康影響が懸念されています。
 そのため、青森県ではPM2.5の濃度を測定しており、国の「注意喚起のための暫定的な指針」に定める指針値(1日平均値:70μg/m3)を超えると予想された場合には、県内全域を対象に、次の注意事項を呼びかけることとしています。
<注意事項>
(1)不要不急の外出は控える。
(2)屋外での長時間の激しい運動は控える。
(3)屋内では窓を閉め、換気しないようにする。
(4)外出する場合には、マスクを着用する。
関連ホームページ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242 FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度