ホーム > 生活・環境 > ボランティア・NPO > ボランティア・NPOひろば

更新日付:2017年3月8日 県民生活文化課

ボランティア・NPOひろば

思いやりの心で共生社会の実現を

青森県では、「共生社会-県民がともに助け合いながら生きる地域社会-」の実現に向けて、
ボランティア活動に取り組みやすい環境整備を図るためのさまざまな施策を展開しています。
このホームページでは、ボランティア・NPOに関する県の取り組みを紹介するとともに、
県民の皆さんがボランティア・NPO活動へ参加するきっかけなどに
ご利用いただくための情報を紹介しています。
「ボランティア・NPOひろば」の情報は、ボランティア活動等を行う皆さんのために提供しています。
営利目的での使用および無断転載はご遠慮ください。
ボランティア・社会貢献活動促進フォーラムの開催!!

 県民一人ひとりが、それぞれの意欲と能力を活かして地域活動に参画する青森県づくりを考えるフォーラムを開催します。皆さんお気軽に御参加ください。

特定非営利活動促進法が改正されました!!

 平成28年6月に特定非営利活動促進法が改正され、平成29年4月1日から施行されることとなりました。
 県内のNPO法人には、平成29年2月13日付け青県文第927号にてお知らせしていますが、お知らせした内容をホームページにも掲載しますので、御対応のほどよろしくお願いします。
 なお、内閣府NPOホームページにも関連資料が掲載されていますので、併せて御覧ください。
 (https://www.npo-homepage.go.jp/kaisei#housei-2-4)

内閣府からのお知らせ

社会的インパクト評価の推進に向けたロードマップ(2017年-2020年)発表のお知らせ

2016年6月に発足しました社会的インパクト評価イニシアチブでは、2020年までに日本における社会的インパクト評価を推進するビジョン、および必要な取り組みをまとめたロードマップを発表しました。

このロードマップには、3つの特徴があります。

(1)2020年に目指すべきビジョンとそのために必要なアクションを具体的な数値、時期を含めて明示
有志により新たにプロジェクトを立ち上げ、アクションを開始します。
(2)進化するロードマップ
各プロジェクトの進捗状況をチェックするとともに、必要なアクションについては適宜改訂を行っていきます。
(3)マルチセクター・イニシアチブで策定したロードマップ
策定に加え、実行、管理においても、多様なステークホルダーが行っていきます。

社会的インパクト評価イニシアチブは、ロードマップの策定を契機に、さらに様々な方と議論を重ねながら、目指すビジョンに向けた具体的取組みを開始しますので、皆様にも社会的インパクト評価の推進を通じてより良い日本社会へ変革するこのチャレンジに参加いただけますと幸いです。ロードマップは次をクリックして御覧ください。

・社会的インパクト評価を推進するためのロードマップ(2017年-2020年)
・3つのテーマのロードマップをまとめた「ロードマップ全体像」はこちら

お知らせ

  • NPOポータルサイトがオープンしました。  NPO法人や非営利組織(NPO等)が活動情報を発信するためのポータルサイトがオープンしました。
     本ポータルサイトは、情報発信としての機能だけでなく、企業等からの資源提供やプロボノ支援のマッチング、情報交換の場としての機能を有しています。
     ポータルサイトへの参加その他のお問い合わせは、青い森地域創造協議会(電話 017-752-9095)へお願いします。
      NPOポータルサイトはこちらから

NPOとの協働

あおもり共助社会づくり推進事業

新しい公共支援事業

NPO法人

NPOポータルサイト

NPO活動基盤強化支援事業

認定NPO法人

控除対象特定非営利活動法人(指定NPO法人)

NPO情報誌「ブリジン」

ボランティア関連情報

青森県防災ボランティア情報センター

その他

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9207  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度