ホーム > 生活・環境 > 消費生活 > 平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業

更新日付:2016年2月16日 県民生活文化課

平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業

平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業 協働プロジェクト
青森県では、地域の課題に自発的・主体的に取り組むNPO等の活動を支援するため、「青森県基本計画未来を変える挑戦」に掲げる戦略プロジェクトの趣旨に沿って新たに行われるNPO等の優れた取組に事業費補助を行うこととしています。概要は、次のとおりです。

◇応募資格
NPO法人を構成員に含む協議体(3団体以上で構成すること)

◇対象事業
「青森県基本計画未来を変える挑戦」の戦略プロジェクトの趣旨に沿って新たに取り組む事業
<「青森県基本計画未来を変える挑戦」戦略プロジェクト>
○人口減少克服プロジェクト  
急激な人口減少に歯止めをかけ、持続可能な地域経済を維持し県民生活を守るため、子育て支援、若年層の県内定着を促進するための雇用の創出・拡大、安全で快適な生活環境の確保、平成27 年度の北海道新幹線開業を踏まえた多彩な地域の魅力の活用による交流人口の拡大、そして社会を築き支える人財育成などの取組を進めます。
○健康長寿県プロジェクト
県民が健康で長生きすることの価値を認識し、生涯にわたって健康で活力ある生活を送ることができるよう、豊かな自然や食環境を生かしながら、生活習慣の改善や生活習慣病発症後の適切な治療の継続、スポーツを通じた健康づくりなど、健康長寿の青森県をめざした取組を進めます。
○食でとことんプロジェクト
その価値が世界に通じる可能性を十分に有する本県の「食」について、産業・雇用分野でこれまで以上にその強みを生かし、外貨獲得や域内循環をより一層拡大させます。さらに、その他の分野でもこの強みをとことん活用することにより、青森県産品の多角的な価値を創出し、食の価値を総合的に高めて、食といえば青森県と言われるよう取組を進めます。

「青森県基本計画未来を変える挑戦」戦略プロジェクトの詳細
戦略プロジェクトに関する県の事業(平成27年度未来を変える挑戦推進事業)の概要
◇事業の実施期間
対象事業として決定した日から平成28年1月31日まで

◇対象経費等
(1)対象経費
事業の実施にかかる謝金(委員、講師等)、旅費(職員、委員、講師等)、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、使用料および会場借上料、募集広告費、委託費、施設等の整備費、設備備品購入費および県が必要と認めたその他の経費
(2)交付率
対象経費の2分の1
(3)交付金額
100万円以内
(4)採択件数
3件程度

◇応募期間
(第1次)平成27年5月1日(金)から平成27年6月22日(月)まで(必着)
(第2次)平成27年7月15日(水)から平成27年8月28日(金)まで(必着)
◇応募書類
様式第1号に添付書類を添えて郵送又は持参してください。なお、提出された書類は返却しません。
○様式第1号「あおもり共助社会づくり推進事業 協働プロジェクト認定申請書」
・別紙1「自己申告書」
・別紙2「協働プロジェクト事業計画書」
・別紙3「収支見積書」
※この他にも添付書類があります。

◇応募先
〒030-8570 青森市長島一丁目1番1号
青森県 環境生活部 県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ

◎詳細は、下記の募集要項をご覧ください。
平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業 協働プロジェクト募集要項
平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業 協働プロジェクト募集要項

応募にあたっては、下記の様式をご利用ください。
※昨年度の応募状況、協働プロジェクト事業計画書は、平成26年度あおもり共助社会づくり推進事業のページでご覧になれます。

協働プロジェクトプレゼンテーションの開催

平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業協働プロジェクトの事業認定にあたり、
応募者による事業内容のプレゼンテーションを、次のとおり実施します。
プレゼンテーションは公開で行いますので、傍聴を希望される方は、直接会場にお越しください。

◇開催日時 平成27年7月10日(金) 13時30分~15時10分(終了時刻は予定)
◇開催場所 青森県観光物産館アスパム4階「奥入瀬」(青森市安方一丁目1番40号)
◇審査方法 学識経験者等の第三者で構成する「平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業協働プロジェクト認定審査会」が、審査を行います。
◇その他 審査結果は、後日応募者に文書で通知するほか、このホームページに掲載します。
応募の状況
番号 申請者名 事業名 戦略プロジェクト
分類
申請額
1 「青い森の巨木写真展」実行委員会 青い森の巨木写真展 人口減少克服 161,900
2 エンジョイスポーツプロジェクト 『スポーツを楽しみ、夢を叶える!』メンタルコーチング普及拡大プロジェクト 健康長寿県 857,500
3 オープンウォータースイム実行委員会 オープンウォータースイム 健康長寿県 1,000,000
4 十和田健康乗馬推進協議会 馬を介在させた健康長寿への挑戦 健康長寿県 391,000
5 むつ市川内町地域チャレンジ協議会 地元高校生&地域住民達による起業づくり計画事業 人口減少克服 251,865

○事業計画書
認定審査会審査員
分野 団体名 役職 氏名
学識経験者 青森中央学院大学 経営法学部教授 内山 清
学識経験者 青森大学 社会学部准教授 櫛引 素夫
金融機関 株式会社日本政策金融公庫
青森支店
国民生活事業統轄 朝広 純一
商工会議所 青森商工会議所 常務理事・事務局長 道川 浩治
ボランティア・市民活動団体 青森県社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センター所長 鳴海 孝彦

審査結果
番号 申請者名 審査結果 申請額 認定額
1 「青い森の巨木写真展」実行委員会 認定 161,900 161,900
2 エンジョイスポーツプロジェクト 不認定 857,500 -
3 オープンウォータースイム実行委員会 認定 1,000,000 1,000,000
4 十和田健康乗馬推進協議会 認定 391,000 391,000
5 むつ市川内町地域チャレンジ協議会 認定 251,865 251,865

第2回協働プロジェクトプレゼンテーションの開催

第2回協働プロジェクトプレゼンテーションを、次のとおり実施します。
プレゼンテーションは公開で行いますので、傍聴を希望される方は、直接会場にお越しください。

◇開催日時 平成27年9月10日(木) 13時30分~14時25分(終了時刻は予定)
◇開催場所 青森県観光物産館アスパム5階「あすなろ」(青森市安方一丁目1番40号)
◇審査方法 学識経験者等の第三者で構成する「平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業協働プロジェクト認定審査会」が、審査を行います。
◇その他 審査結果は、後日応募者に文書で通知するほか、このホームページに掲載します。
応募の状況
番号 申請者名 事業名 戦略プロジェクト
分類
申請額
1 くろいしの歴史的建造物(旧佐藤酒造母屋)等活用プロジェクト協議体 歴史的建造物の「もったいない」を生かしたまちづくりの拠点化プロジェクト 人口減少克服 335,420
2 雪国空き家管理・利活用協議体 雪害による空き家調査及び利活用による人口流入 人口減少克服 679,500

○事業計画書
認定審査会審査員
分野 団体名 役職 氏名
学識経験者 青森中央学院大学 経営法学部教授 内山 清
学識経験者 青森大学 社会学部准教授 櫛引 素夫
金融機関 株式会社日本政策金融公庫
青森支店
国民生活事業総括課長 藤波 秀樹
商工会議所 青森商工会議所 常務理事・事務局長 道川 浩治

審査結果
番号 申請者名 審査結果 申請額 認定額
1 くろいしの歴史的建造物(旧佐藤酒造母屋)等活用プロジェクト協議体 認定 335,420 335,420
2 雪国空き家管理・利活用協議体 不認定 679,500 -

平成27年度共助社会づくり推進フォーラム開催

平成27年度共助社会づくり推進フォーラムを開催します。
平成27年度あおもり共助社会づくり推進事業協働プロジェクト成果報告会のほか、
NPO法人えがおつなげての曽根原久司代表理事の講演会等、地域課題解決の参考となる
内容となっていますので、詳細はチラシを御覧のうえ、お気軽に御参加ください。

フォーラムチラシ[523KB]

〇日時 平成28年3月5日(土) 13時30分~16時20分
〇場所 青森市中央3丁目17-1 アピオあおもり大研修室1
〇内容
(1)平成27年度共助社会づくり推進事業協働プロジェクト成果報告会
(2)基調講演「青森の田舎は宝の山~NPO法人えがおつなげての協働事例をヒントに~」
 講師:曽根原 久司(そねはら・ひさし)氏
(3)共助社会づくりに関する県支援施策等の説明
〇申込み方法
 参加申込書に必要事項をご記入のうえ、平成28年3月2日(水)までに、郵送又はFAXにてお申込みください。
 
 参加申込書[329KB]

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9207  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度