ホーム > 生活・環境 > 消費生活 > ユニバーサルデザイン(UD)とは?

更新日付:2012年4月2日 県民生活文化課

ユニバーサルデザイン(UD)とは?

 「高齢者や障害者のためだけではなく、誰もが使える普通の製品、生活環境、サービス等をつくっていこうという考え方」のことを言います。
 世の中には、さまざまな人が暮らしています。子どもやお年寄り、日本語がわからない人、目や耳、足などに障害を持った人、ケガをして一時的に手が使えない人・・・
 このような年齢や性別、国籍、身体的能力などの違いに対して、「○○専用」というような、それぞれに特別な対策を行うのではなく、はじめからより多くの人が利用しやすい「まち」や「もの」、「サービス」などをつくっていこうとする考え方、それが「ユニバーサルデザイン(UD)」です。
ホチキス
 例えば、「少ない力で使えるホチキス」は、一般的なホチキスに比べ、力が弱い子どもをはじめとして、より多くの人にとって利用しやすいもの(=よりユニバーサルデザインである)と言えるでしょう。
 ユニバーサルデザインの基準としては、アメリカのノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンター所長であった、故ロナルド・メイス氏らが提唱したユニバーサルデザイン7原則が知られています。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9207  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度