ホーム > 生活・環境 > 消費生活 > UDな「もの」

更新日付:2009年2月1日 県民生活文化課

UDな「もの」

 私たちの身のまわりにある「もの」の多くは、若くて健康な人を対象にデザインされているため、その対象からはずれた人には使いにくい製品や使えない製品も多いのが現状です。
 これからの社会では人口構造の変化にともなって、消費者が求めるものやマーケットも変わってくることが見込まれています。これまでの製品デザインの対象者を拡大し、より多くの人たちが使いやすく、低価格で買うことのできる製品の開発が必要です。
  • UDなイス
    楽に立てるイス「たてーる」
    ((株)ジョイ・ワールド・パシフィック)
  • UDな画びょう
    手にささらない安全な画びょう
    (コクヨ)

コクヨ
より多くの人が、より安心して使える物づくりを進めています。
 商品開発のほか、誰もが快適に使える文具のデザインを募集するKOKUYO DESIGN AWARD(コクヨ デザイン アワード)やシンポジウムの開催など、ユニバーサルデザインの普及にもつとめています。
コクヨUDシンボルマーク
※ コクヨ東北販売(株)青森支店のご協力により、出前講座などで展示するUDグッズを提供していただいています。ありがとうございます。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部 県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9207  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度