ホーム > 生活・環境 > 県税・税金 > 県たばこ税の税率改正等について(平成30年度税制改正)

更新日付:2018年9月19日 税務課

県たばこ税の税率改正等について(平成30年度税制改正)

県たばこ税は、たばこの売渡し等に対して課税され、たばこの購入代金の中に含まれています。卸売販売業者等が県内の小売販売業者(または直接消費者)にたばこを売渡したときに、そのたばこの本数を基準として卸売販売業者等に課税されます。
この県たばこ税の税率が、平成30年10月1日から、次のとおり段階的に引き上げられます。
たばこ税の税率
なお、平成31年4月1日に予定されていた旧3級品の紙巻たばこに係る税率の特例の廃止時期が平成31年10月1日に延期されました。旧3級品の紙巻たばこに係る税率は平成31年9月30日までは1,000本当たり656円ですが、平成31年10月1日からは1,000本当たり930円に引き上げられ、それ以降は上記の表の税率が適用されます。
※旧3級品・・・専売納付金制度化において3級品とされていた紙巻たばこ。商品名:エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット、うるま及びバイオレット

【たばこ税の手持品課税について】
平成27年度税制改正及び平成30年度税制改正におけるたばこ税関係法令の改正により、たばこ税及びたばこ特別税並びに道府県たばこ税及び市町村たばこ税(以下、これらを総称して「たばこ税」といいます。)の税率が引き上げられます。
これに伴い、平成28年から平成33年までの各年において、販売用の製造たばこを所持しているたばこ販売業者の方に対しまして、たばこ税の「手持品課税」が行われます。
詳しくは
総務省HP「たばこ税の手持品課税について(平成28~33年)」
をご覧ください。
平成27年度税制改正の内容については「県たばこ税の税率改正について(平成27年度税制改正)」をご覧ください。
【加熱式たばこの課税方式の見直し】
平成30年度税制改正において、新たに「加熱式たばこ」の区分を設け、紙巻たばこの本数への換算方法について、「重量」と「価格」を紙巻たばこの本数に換算する方式とします。課税方式の見直しは、平成30年10月1日から実施し、5年間かけて段階的に移行します。
詳しくは、国税庁HP「加熱式たばこに係る課税方式の見直しについて」をご覧ください。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

【県税に関するお問い合わせ】
◆東青地域県民局県税部 017-734-9970 (青森市、東津軽郡)
◆中南地域県民局県税部 0172-32-4341 (弘前市、黒石市、平川市、中津軽郡、南津軽郡)
◆三八地域県民局県税部 0178-27-4455 (八戸市、三戸郡)
◆西北地域県民局県税部 0173-34-3141 (五所川原市、つがる市、西津軽郡、北津軽郡)
◆上北地域県民局県税部 0176-23-4241 (十和田市、三沢市、上北郡)
◆下北地域県民局県税部 0175-22-3105 (むつ市、下北郡)

【県税ホームページに関するお問い合わせ】
青森県総務部税務課
電話:017-734-9064(直通)  FAX:017-734-8008

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度