ホーム > 生活・環境 > 県税・税金 > 自動車税のグリーン化について

更新日付:2015年3月1日 税務課

自動車税のグリーン化について

グリーン化特例の改正のお知らせ
 平成26年度税制改正(地方税)により、自動車税のグリーン化特例が次のとおり見直され、 平成27年度の自動車税から 適用されることとなりました。
軽課
 クリーンディーゼル車を軽減対象に加えるなど、対象範囲の見直しを行った上で、軽課の割合を おおむね50%または75%(改正前:25%または50%)に引上げ
重課
 バス・トラックを除き、重課の割合を 15%(改正前:10%)に引上げ ※ バス・トラックの重課の割合はおおむね10%のまま


グリーン化特例について、詳しくは下記をご覧ください。

自動車税のグリーン化特例

 自動車環境対策の観点から、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車については、その排出ガス性能及び燃費性能に応じて税率を軽減(軽課)し、新車新規登録から一定の年数を経過した環境負荷の大きい自動車については税率を重く(重課)する『自動車税のグリーン化特例』が実施されています。
軽課される場合
(1)平成25年度に新車新規登録された次の表の自動車については、その翌年度分の自動車税に限り、おおむね次の軽減率により自動車税が軽減されます。
平成25年度に新車新規登録された対象自動車及び軽減率
(2)平成26年度から平成27年度の間に新車新規登録された次の表の自動車については、その翌年度分の自動車税に限り、おおむね次の軽減率により自動車税が軽減されます。
平成26年度及び平成27年度に新車新規登録された対象自動車及び軽減率
※ 自動車税の税率の軽減対象車種については、国土交通省ホームページの下記アドレスでご覧になれます。

・低排出ガス認定自動車に関する公表(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk10_000014.html)
・自動車の燃費性能に関する公表(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000013.html)
○ 軽減対象期間
平成25年度 新車新規登録された自動車 ・・・ 平成26年度 1年間 軽減
平成26年度 新車新規登録された自動車 ・・・ 平成27年度 1年間 軽減
平成27年度 新車新規登録された自動車 ・・・ 平成28年度 1年間 軽減

重課される場合
 重課対象となるのは、新車新規登録から以下の年数を経過した自動車であり、それぞれの年数を経過した翌年度分以降の自動車税がおおむね10%高くなります。

※ 平成27年度からは、現行の10%重課から15%重課(バス・トラックは引き続き10%重課)になります。
重課の開始年度と割合
※1 バス・トラックはおおむね10%重課
※2 電気自動車、天然ガス自動車、ガソリンハイブリッド自動車、メタノール自動車、一般乗合用バス及び被けん引車は除かれます。

この記事についてのお問い合わせ

【県税に関するご相談について】
 各地域県民局県税部
【県税ホームページについて】
 青森県総務部税務課
電話:017-734-9064(直通)  FAX:017-734-8008

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度