ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 食肉の生食による食中毒に注意しましょう

更新日付:2016年5月6日 保健衛生課

食肉の生食による食中毒に注意しましょう

食肉の関与が疑われる食中毒が発生しています

○生、あるいは生焼けの食肉(肝臓)の関与が疑われています。

食肉の生食は避けましょう

○新鮮な食肉でも、腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどの食中毒菌が付着していることがあります
○生食用の食肉(馬刺しなど)以外の食肉は、生で食べないようにしましょう

○馬肉にも食中毒を起こすサルコシスティス・フェアリーという虫が寄生していることがあります。

食肉は中心部までしっかりと加熱しましょう

○豚肉や鶏の肝臓など、中まで寄生虫や食中毒菌が入り込んでいることがあります。
(トキソプラズマ、カンピロバクター、E型肝炎ウイルスなど、様々な病原体が知られています。)

馬刺しは、きちんと凍結処理されたものを食べましょう

馬肉に寄生するサルコシスティス・フェアリーという虫を無毒化して、安全に馬刺しを食べるためには、冷凍処理が必要です。
マイナス20℃(中心温度)で48時間以上冷凍処理することで、食中毒を防ぐことができます。
  • ブラディゾイト
    (写真:東地方保健所)
    シスト(左上の暗色部)の下に、多数の三日月形のサルコシスティス・フェアリー(ブラディゾイト形態)が見られている。

調理器具は使い分けましょう

○食肉用のはし、まな板や包丁は専用にして、使用後は熱湯などで消毒しましょう。
○生肉を扱った後には、きちんと手を洗いましょう。
関連サイト

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課食品衛生グループ
電話:017-734-9214  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度