ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

更新日付:2017年4月12日 保健衛生課

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

赤ちゃんのお母さん・お父さんやお世話をする方へ

1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。
今般、東京都において、乳児に対し離乳食としてジュースにハチミツを混ぜて与えたことによる乳児ボツリヌス症による死亡事例が発生しました。
一般的に、ハチミツは包装前に加熱処理を行わないため、ボツリヌス菌が混入していることがあります。ボツリヌス菌は、熱に強いため、通常の加熱や調理では死にません。
1歳未満の赤ちゃんは、まだ腸内環境が整っていないため、ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出し、便秘、ほ乳力の低下、元気の消失、泣き声の変化、首のすわりが悪くなる、といった症状を引き起こすことがあります。ほとんどの場合は、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。
ハチミツは、1歳未満の赤ちゃんにとってリスクが高い食品です。
1歳未満の赤ちゃんに、ハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。
なお、1歳以上の方にとって、ハチミツはリスクの高い食品ではありません。

食品事業者の方へ

ハチミツ及びハチミツを含む食品は 「1歳未満の乳児には与えないでください。」 という情報を、表示などにより消費者に分かりやすく提供するようお願いします。

関連サイト

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課食品衛生グループ
電話:017-734-9214  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度