ホーム > 生活・環境 > 消費生活 > 特定商取引法に基づく行政処分について

更新日付:2017年3月28日 県民生活文化課

特定商取引法に基づく行政処分について

青森県は、「羽毛リフォームセンター」の名称を使用して、共同で、布団のリフォームに関して訪問、販売及び契約の締結に係る行為を行う事業者に対し、特定商取引に関する法律(昭和51年法律第57号。以下「法」という。)第8条第1項の規定に基づき、平成29年3月29日から平成30年3月28日までの12か月間、業務の一部〔訪問販売に係る役務を有償で提供する契約(以下「役務提供契約」という。)の締結についての「勧誘」、「申込みの受付」及び「契約の締結」〕を停止することを命じました。
なお、本件については、経済産業省東北経済産業局、北海道と連携して調査を行い、いずれも平成29年3月28日付けで行政処分を行っています。

1 事業者の概要
(1) 名 称
・「羽毛リフォームセンター」こと片平義和(かたひら よしかず)
・「羽毛リフォームセンター」こと毛利友信(もうり ともあき)
※ともに個人事業者。
(2) 所在地
・本店:北海道札幌市西区八軒四条東二丁目5番1号
・住民票上の住所
 片平義和:本店所在地に同じ
 毛利友信:北海道余市郡余市町黒川町四丁目99番地
(3) 営業開始
 平成26年10月
(4) 取引形態
 訪問販売(布団のリフォームに係る役務提供事業者)
(5) 共同性
  「羽毛リフォームセンター」については、外形上は、その名称を片平のみが使用していると装っているが、実態は、片平及び毛利の両名が「羽毛リフォームセンター」の名称を使用し、共同で、布団のリフォームに関する役務の提供に係る営業活動を行っていることから、片平及び毛利は、「羽毛リフォームセンター」の共同経営者であると認められる。
2 主な違反事実
(1) 勧誘目的等不明示(法第3条)
(2) 契約書面の記載不備(法第5条第1項)
(3) 不実告知(法第6条第1項第6号)
(4) 迷惑勧誘(法第7条第4号、特定商取引に関する法律施行規則第7条第1号)
3 命令の内容
片平及び毛利について、それぞれ平成29年3月29日から平成30年3月28日までの間、青森県の区域内における訪問販売に関する次の業務を停止すること。
・役務提供契約の締結について勧誘をすること。
・役務提供契約の申込みを受けること。
・役務提供契約を締結すること。
※公表の詳細はこちらをご覧ください。
 ◎公表資料PDFファイル[130KB]
 ◎事例PDFファイル[82KB]

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課消費生活グループ
電話:017-734-9206  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度