ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 誘客・国際交流 > 友好都市交流 メーン州(アメリカ合衆国)

更新日付:2008年6月17日 誘客交流課

友好都市交流 メーン州(アメリカ合衆国)

提携年月日
平成6年5月25日(友好協定書調印の日)


州の概況
 メーン州は、アメリカ北東部ニュー・イングランド地方の最北東に位置している。北部はカナダと国境を接し、東部は大西洋に面しており、面積は約86,000平方キロメートルで青森県の約9倍の広さを有している。人口は約132万人で、州都のオーガスタ市は約1万8千人、州内最大の都市であるポートランド市は約6万5千人となっている。
 気候は、亜寒帯湿潤夏冷涼気候に属し、夏期冷涼型の積雪寒冷地である。州の約8割が森林地帯である一方、約6,000kmにも及ぶ複雑で美しい海岸線を有する。海洋型避暑地として全米に有名で、別名バケーション・ランドと呼ばれている。
 産業は、特に、農林水産業、造船業、観光業、商業が盛んで、青森県と類似した産業構造となっている。農業では、ジャガイモ、ブルーベリー、リンゴの生産が盛んであるが、特に、ブルーベリーは全米1の生産量を誇っている。林業では、豊富な森林資源を利用した製紙、パルプ、家具の製造が盛んである。水産業では、ロブスター、ニシン、タラ、ヒラメの漁獲量が多く、特にロブスターは、ロブスターと言えばメーン・ロブスターと言われるほど世界中に有名である。

メーン州政府のホームページはこちらから
  • チェスボロ-号遭難慰霊碑(旧車力村)を 訪問するメーン州知事一行(1995年)
    チェスボロー号遭難慰霊碑(旧車力村)を訪問する
    メーン州知事一行(1995年)


友好提携までの経緯
 我が国の国際交流の基軸であり、また県内に米軍三沢基地を有し、1万人を超える軍人や家族のコミュニティを有するなど、本県とつながりの深い米国との交流は欠かせないとの考えから、平成5年6月、北米地域の現地調査を実施した。
 その結果、メーン州が本県との交流に積極的であったことから、平成5年9月にはメーン州知事の招聘を受け、県知事を団長とする視察団がメーン州を訪問し、州知事をはじめとする州関係者と協議した。
 県としては、メーン州は気候・風土・産業構造などが本県と類似していること、明治22年車力沖で発生したアメリカ帆走船チェスボロー号遭難救助事件により青森県とは歴史的にゆかりのある地域であること、米国の中でもニューイングランド地方として歴史と伝統のある州であるとともに大都市であるニューヨークやボストンに近いという地理的優位性を有していること、既に県内の市町村レベルでの交流(つがる市とバス市、青森市とポートランド近郊都市等)や民間レベルでの交流(県・州の銀行間での職員交換留学等)が進められていることなどから、米国における交流拠点として相応しい州であると考え、平成6年5月25日、メーン州政府代表団が来県した際に友好協定を締結した。
  • バー・ハーバーの街並み
    バー・ハーバーの街並み


交流の現状
 青森市で行われた友好協定調印式には、メーン州からマイケル・オーベイ経済地域開発局長を団長とする州政府代表団5名と州内の経済・商工関係者等17名から成る友好使節団が来県した。その際、「メーン州フェア」を開催しメーン州の文化や物産を広く県民に紹介した。
 平成8年9月には、知事を団長とする代表団がメーン州を訪問し、州知事及び州関係者と友好を深め、今後の県州との交流について意見交換を行ったほか、経済ミッションが商談会を開催し、両県州の企業間で契約が成立するなど経済交流面でも成果を上げた。
 メーン州とは、今後、市町村、教育機関及び民間企業など幅広い分野での交流が期待されることから、これら交流が着実に進展するよう対応したいと考えている。
  • ポートランド灯台
    ポートランド灯台


交流の主な動き
明治22年10月 メーン州バス建造帆走船チェスボロー号が車力沖合いで
座礁沈没、乗組員4名が村民により救出、両県州交流の礎
昭和45年 7月 地元高山稲荷神社付近に白亜の十字架慰霊碑を建立、
遭難慰霊祭を挙行
平成 5年 6月 北米との交流推進基礎調査の実施
平成 5年 9月 県知事メーン州を訪問
平成 5年 9月 車力村とメーン州バス市が姉妹都市提携
平成 6年 5月 メーン州政府代表団及び友好使節団一行が来県し、
友好協定を締結「メーン州フェア」の開催
(青森市)
平成 6年 9月 副知事を団長とした「青森県・米国メーン州友好の翼」に
より県民170名がメーン州を訪問
「青森県フェア」の開催(バンゴア市)
平成 7年 8月 行政実務研修のため県職員をメーン州政府に派遣
(H9、H11)
平成 7年 8月 事務レベル協議のため青森県協議団がメーン州を訪問
平成 7年10月 メーン州知事をはじめメーン州代表団が来県
平成 8年 6月 教育訪問団がメーン州を訪問し、
教育分野での交流について協議
平成 8年 9月 知事を団長とする青森県訪問団がメーン州訪問
平成 8年 9月 経済ミッションのメーン州訪問、商談会の開催
平成 9年 3月 事務レベル協議のため、メーン州政府代表団が来県
平成 9年 9月 事務レベル協議のため、青森県協議団がメーン州を訪問
平成 9年10月 青森県郷土館で「メーン州の自然と文化」展を開催
平成10年11月 メーン州農業局代表団の受入れ
平成11年 3月 メーン州事務レベル協議団の受入れ
平成11年 5月 メーン州から弦楽四重奏団を招聘し、
友好協定締結5周年記念演奏会
平成11年 9月 事務レベル協議のため青森県協議団がメーン州を訪問
平成12年 3月 メーン州立博物館で青森特別展を開催
平成12年 9月 メーン州事務レベル協議団の受入れ
平成13年 8月 技術研修のため、県職員をメーン州を含む
米国東海岸へ派遣
平成13年 9月 事務レベル協議のため、青森県協議団がメーン州訪問
平成14年 9月 メーン州内のバイオテクノロジー関連施設との交流可能性調査のため、
県職員を派遣
平成14年10月 メーン州事務レベル協議団の受入れ
平成15年 9月 事務レベル協議のため、青森県協議団がメーン州訪問
平成16年 8月 姉妹提携締結10周年事業開催
(メーン州フェア、記念祝賀会、貿易情報交換会他)
平成17年11月 メーン州事務レベル協議団の受入れ
平成18年 8月 事務レベル協議のため青森県協議団がメーン州訪問
平成18年11月 青森・メーン高校生相互派遣事業により、
本県高校生をメーン州に派遣
平成19年 7月 青森・メーン高校生相互派遣事業により、
メーン州高校生を受入れ
平成19年11月 メーン州知事をはじめとするメーン州代表団が来県
平成19年11月 メーン州事務レベル協議団の受入れ
平成20年 8月 事務レベル協議のため青森県協議団がメーン州訪問
平成20年10月 青森・メーン高校生相互派遣事業により、
本県高校生をメーン州に派遣

この記事についてのお問い合わせ

商工労働部国際交流推進課国際化推進グループ
電話:017-734-9218  FAX:017-734-8126

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度