ホーム > 子ども・教育 > こども > 『インターネットでキズつけない!キズつかない!』~青少年の安全・安心なネット利用のために~

更新日付:2020年10月23日 青少年・男女共同参画課

『インターネットでキズつけない!キズつかない!』~青少年の安全・安心なネット利用のために~

2020年版ポスター

 青少年のインターネット利用におけるモラルやリテラシーの向上を図るとともに、青少年の適切なネット利用に関する社会全体の関心を高め、SNS等を介したいじめや犯罪被害を未然に防止するため、青森県・青森県教育委員会及び青森県警察本部の三者が連携し、「青少年の安全・安心なネット利用環境づくり」を推進しています。


●統一キャッチフレーズ
 【インターネットでキズつけない!キズつかない!】


●主催

青森県(環境生活部青少年・男女共同参画課)
青森県教育委員会(学校教育課)
青森県警察本部(生活安全部少年女性安全課)


●主催三者が連携して取り組む趣旨
 行政、学校等の教育現場、警察、民間団体等、それぞれが連携して取り組むことにより、子どもたちが安全にインターネットを利用できる環境づくりを県民運動として展開し、インターネットを介在したいじめや犯罪被害の未然防止につなげていくものです。


●キャンペーンポスター
 新型コロナウイルス感染症による外出自粛などにより、子どもたちのインターネット利用の低年齢化・長時間化が心配されています。
 「新しい生活様式」にもインターネットは不可欠なもの。
 子どもたちが自分自身の力で安全に使えるようになるまで、周囲の大人がしっかりと見守っていきましょう!

キャンペーンポスターはこちらからダウンロードできます。PDFファイル

青少年の安全・安心なネット利用環境づくり啓発キャンペーン≪青少年・男女共同参画課≫

青少年のインターネット利用によるいじめや犯罪被害の防止、フィルタリングの適切な利用を呼びかけるキャンペーンを実施します。

●啓発用リーフレットの作成
 子どもたちが安全にインターネットを利用できるよう、保護者をはじめ周囲の大人ができること(フィルタリングの設定や家庭でのルールづくりなど)を紹介しています。また、子どもたちが巻き込まれたネットトラブルの事例や、相談・通報窓口も掲載しています。ぜひご活用ください!

 リーフレットはこちらからダウンロードできます。(A4・両面・3つ折り)
  • リーフレット(外面)
    啓発リーフレット(外面)
  • リーフレット(中面)
    啓発リーフレット(中面)
リーフレット掲載の相談・通報窓口のうち、「警察安全相談窓口」(青森県警察本部警察安全相談室)専用電話の受付時間は、令和2年3月2日から平日(祝日・年末年始を除く月曜日から金曜日まで)の午前8時30分から午後5時までとなりました。

●インターネットを活用した広報活動

 子どもたちの安全・安心なインターネット利用について、SNS広告配信(Facebook、Instagram、Twitter、Youtube)により情報発信しています。

<令和2年度配信予定>
 令和2年8月 7日(金)~ 令和2年8月28日(金) 夏休み期間中
 令和2年12月21日(月)~令和3年1月18日(月) 冬休み期間中
 令和3年2月1日(月)~令和3年 2月28日(日) 内閣府「春のあんしんネット・新学期一斉行動」期間中

児童生徒・保護者への意識啓発≪学校教育課≫

教育委員会リーフレット
●ネット安全利用啓発リーフレット「インターネットでキズつけない!キズつかない!」の作成・配布 

 児童生徒に安全で適切なインターネット利用を指導・啓発するための教材として、
インターネット等に起因するいじめや犯罪被害、健康被害の未然防止のための対処方法等を掲載した
リーフレット(小学生用、中学生・高校生用)を作成し、県内の学校等に配付します。

 また、学校・PTA団体の講演会等の啓発活動を実施します。


リーフレットはこちらからダウンロードできます。(県教育委員会ホームページ)

インターネットを介した非行・被害防止の啓発≪少年女性安全課≫

●インターネット利用に関する規範意識醸成に向けた動画の作成・配信
 <小学生向け><中高生向け><保護者向け>の3種類の動画を配信します。

 動画はこちらのページでご覧いただけます。(青森県警察本部ホームページ)

●中高校生向け参加型「情報モラルフォーラム」の開催
 県内3か所(弘前市・八戸市・三沢市)で開催。情報モラルやネット利用のルールについて生徒たち自らが考えます。
 問合せ先:県警察本部生活安全部少年女性安全課(TEL:017-723-4211)
《令和2年度の開催は終了しました》

ネット上の有害情報から青少年を守るために-法令等の状況-

青少年インターネット環境整備法

 青少年インターネット環境整備法は、子どもたちが安全に安心してインターネットを利用できるようにすることを目的として
(1)青少年にインターネットを適切に活用する能力を習得させる
(2)フィルタリングの普及促進などにより青少年の有害情報の閲覧機会を最小化する
(3)民間の関係者の自主的・主体的な取組を政府が支援する
ことを基本としてインターネット関係事業者に義務などを課すとともに、保護者やインターネットの利用者みんなで子どもたちを有害情報から守る取組みを求めています。
 なお、フィルタリングの利用促進を図るため、青少年インターネット環境整備法が一部改正され、平成30年2月1日から施行されました。
青少年の安全・安心なインターネット利用環境整備に向けた施策の推進について (内閣府ホームページ)

青森県青少年健全育成条例

 青森県青少年健全育成条例では、インターネット上の有害情報から青少年を保護するため、保護者・学校関係者・青少年の育成に携わる関係者、インターネット関連業者に対し、それぞれの立場ごとに必要な対応を求めています。
●保護者を含む青少年の育成に携わる関係者が、青少年に対してインターネット上の有害情報を閲覧、視聴させないようにする努力義務
●インターネットの端末設備を設置して公衆の利用に供している公共施設やインターネットカフェの管理者等が、フィルタリングソフトの活用などの適切な方法により、青少年に有害な情報を閲覧、視聴等させないようにする努力義務
●インターネットプロバイダやパソコン等の販売店が、フィルタリングソフトに関する情報提供をすることにより、青少年にインターネット上の有害情報を閲覧、視聴等させないようにする努力義務
青森県青少年健全育成条例の詳細はこちらをご覧ください。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

青少年・男女共同参画課 青少年グループ
電話:017-734-9224 FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度