ホーム > 子ども・教育 > 青少年 > 命を大切にする心を育む未来へのメッセージ審査結果のお知らせ

更新日付:2017年1月30日 青少年・男女共同参画課

命を大切にする心を育む未来へのメッセージ審査結果のお知らせ

message-boshu
 青森県の次代を担う子どもたちが命を大切にし、他人への思いやりをもち、たくましく健やかに成長していけるよう、平成16年度から「命を大切にする心を育む県民運動」に県民総ぐるみで取り組んでいます。
 この度、県民運動の更なる普及を願い、家族や友達、10年後の自分自身などに向けて「応援して欲しい夢や希望」、「いつかかなえたい将来の目標」など、未来への前向きな思いをテーマとした「命を大切にする心を育む未来へのメッセージ作品募集」を実施したところ、約2,600作品もの御応募がありました。今年度からは、メッセージ部門の他、図画・動画部門を新設しました。最終審査の結果、各部門の入賞者が決まりましたので、お知らせいたします。
 なお、各部門の最優秀賞受賞者につきましては、平成29年1月29日(日)五所川原市ふるさと交流圏民センター「オルテンシア」において「命を大切にする心を育む県民運動推進フォーラム」で授賞式が行われました。

メッセージ部門 【小学生の部】

  • 最優秀賞
    外﨑 望さん(むつ市 3年)
    ぼくは、今車いすに乗っています。でもしょうらいは自分の車に乗って色んなところに行きたいです。このゆめかなってる?
  • 優秀賞
    沢口 響花さん(新郷村 4年)
    「大丈夫」「十分がんばっているよ」にっこりわらうお母さんのその言葉で、私はまた一歩未来へ歩き出すことができるんだ。
  • 入選
    川向 真琴さん(むつ市 1年)
    いつかけっこんしてこどもができたら、むかしのじぶんが、がんばったことをこどもたちにじまんできるようになりたい。
     
    川村 伊順さん(十和田市 2年)
    わたしはみんなのえ顔が大好きです。一生せんそうがおきないようにえ顔でいっぱいになるように、わたしはそうり大じんになります。
     
    齋藤 朱夏さん(弘前市 6年)
    言葉は魔法。時には心を傷つけ命さえ奪う。しかし、助け守ることもできる。私は、優しい魔法を使える素敵な女性になっていたい。

メッセージ部門 【中学生の部】

  • 最優秀賞
    永川 寧々さん(むつ市 1年)
    今の自分は夢を溝に捨てていない?自殺とか考えてない?過去の自分は、変えられないけど、未来の自分はまだ変えられるさ。
  • 優秀賞
    水石 萌菜さん(八戸市 2年)
    友達のおかげ、先生のおかげ、親のおかげ、「おかげ」に支えられている自分が心地いい。「おかげ様」と声をかけ合える幸せを実感。
  • 入選
    松尾 大志さん(弘前市 1年)
    おーい俺!大人になっても、有言実行を貫いてるか!笑われたって、「めざせ、ノーベル賞」だからな。負けるなよ。

    工藤 秀斗さん(青森市 2年)
    いってらっしゃい母の言葉に何度も勇気づけられた。今度は少し大人になった僕のおかえりで母の心を癒したい。

    鈴木 大空さん(中泊町 3年)
    おーい、未来の私よ。笑ってますか?自分のこと認められてる?好き?・・・そうか。それはよかった。「いい大人」になれよ!大好き!

メッセージ部門 【高校生の部】

  • 最優秀賞
    寺嶋 栞季さん(弘前市 1年)
    先生、あの頃たくさん迷惑かけたけど、あの時、誓った夢は絶対叶えます。立派な美容師なったら先生の髪をセットさせてください。
  • 優秀賞
    山田 奈央さん(八戸市 2年)
    あなたの周りをみてごらん。下を向いてる子がいたら、「大丈夫?」って。その一言できっとその子の心は救われるから。
  • 入選
    楠 竜星さん(東北町 1年)
    父と大ゲンカをしたけど、それは僕のためだったと今わかりました。ありがとう。10年後は僕が父を助けてあげます。

    佐々木 葵衣さん(青森市 2年)
    「どうした?話聞くよ。」の言葉に何度も助けられたよ。ありがとう。今度は、私が君を助けるくらい強くなる!

    木村 明日香さん(青森市 3年)
    未来の自分は現在の自分が作り上げる。先を恐れず挑戦、前へ突き進め。努力した分、夢へ近づく一歩となる。

図画部門 【小学生の部】

【最優秀賞】
大石 一吾さん(五所川原市 3年)

お父さんがつれて行ってくれるキャンプ。毎年とても楽しみです。だから、ぼくが大きくなっても、かわらず家族で行きたいな。
 
【優秀賞】
佐々木 向日葵さん(青森市 6年)

私は、学校が植物に囲まれ華やかになり、みんな仲良く学校生活をおくれることを願って、花言葉が「平和」の花を入れてかきました。
【入選】
大石 ちえりさん(五所川原市 2年)

わたしとママは、しゅう字が大すき。大きくなったら、書道ぶに入って、大きなふでで書いてみたい。ママより上手になりたいな。
【入選】
荒屋敷 風人さん(十和田市 6年)

みんなの未来や夢が桜のように咲いて、上を向いて前向きに未来のことを考えてほしいという想いをこめた作品。
【入選】
佐々木 萌さん(青森市 6年)

わたしの夢は学校の先生になることです。自分の未来の理想をこの絵につめこみました。

図画部門 【中学生の部】

【最優秀賞】
吉川 綾華さん(青森市 3年)

過去の自分は今の自分に、今の自分は未来の自分に手紙を宛て、自分の想いを手紙で未来に繋ぎ、未来の自分を応援する気持ちを描きました。

図画部門 【高校生の部】

【最優秀賞】
平田 寿々美さん(つがる市 3年)

私は将来漫画家になりたいと思っています。私が思いを描く明るい未来を漫画風に明るい色で表現しました。

動画部門 【高校生の部】

【入選】
山崎 京吾さん(十和田市 3年)

僕のダンサーになる夢を作品にしました。未来の僕に対して、素直な想いを込めて作りました。
【入選】
中村 明日香さん(板柳町 1年)

ちょっとぼんやりだけど、こんな風になりたい。そういう想いを込めて作りました!

動画部門 【一般の部】

【最優秀賞】
佐藤 涼さん(青森市)

10年後の日本には「障がい者」という表現がなくなっていてほしい、それに僕が一役買いたい。
【優秀賞】
平葭 健悦さん(新郷村)

イマジネーションの理想国。舞台「トルホヴォッコのおはなし」最新作は八戸市南郷文化ホールで2017年9月24日に上演される。
【入選】
田中 亨さん(青森市)

Take it easyの精神で気楽に生きよう!!悩みを持つ青森県民すべてを応援します。
【入選】
佐々木 理恵さん(青森市)

一生の宝物である家族との未来の大切さとかけがえのなさを、自身の家族写真のスライドショーで表現。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青少年・男女共同参画課 青少年グループ
電話:017-734-9226 FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度