ホーム > 子ども・教育 > こども > 「地域の力で輝く笑顔推進青森県民大会~子どもの笑顔は地域のたから~」を開催しました

更新日付:2017年9月6日 青少年・男女共同参画課

「地域の力で輝く笑顔推進青森県民大会~子どもの笑顔は地域のたから~」を開催しました

趣旨

 県、県教育委員会、県警察本部では、あおもりの未来をつくる子どもたちが、夢と希望を持ち、輝く笑顔と思いやりの心で、共に明るい未来に進んでいけるよう、学校、家庭、地域が連携し、地域全体で子どもを見守り支援する環境づくりを進めています。

 「地域の力で輝く笑顔推進青森県民大会」は、その取組に対する県民の関心を高め、気運の醸成を図り、自らの活動につなげることを目的に開催するものです。

 当日は、尾木ママこと尾木直樹氏による講演「子どもも大人も居心地の良い学校・家庭・地域社会をめざして~ありのままに今を輝く~」、知事から子どもたちへのメッセージ、大会宣言、取組事例発表(平内町立山口小学校、十和田市立東中学校、青森県立青森北高等学校)を行ったほか、いじめ根絶キャンペーン標語コンクールの優秀作品の展示、いじめ防止キャンペーンCMの上映、「輝く笑顔推進キャンペーン」県内一斉声かけ活動の様子など各種展示を行いました。

当日のプログラムのダウンロードは、下記をクリックして下さい。
 プログラムおもて[332KB]  プログラムうら[272KB]

日時

平成29年7月30日(日)
13時30分~15時30分(12時30分開場)
※展示は11時~16時30分

場所

県民福祉プラザ(青森市中央三丁目20-30)
県民福祉プラザについてはこちらをクリックしてください。

プログラム(会場 県民ホール)

13時30分~【開会・主催者挨拶】
 青森県知事、青森県教育委員会教育長、青森県警察本部長
【あおもりの未来をつくる子どもたちへのメッセージ】
 青森県知事 三村申吾 
【大会宣言】
 青森県PTA連合会理事 福士めぐみ
13時45分~【事例発表】
 平内町立山口小学校
 十和田市立東中学校 
 青森県立青森北高等学校
14時30分~【講演】
 演題 「子どもも大人も居心地の良い学校・家庭・地域社会をめざして~ありのままに今を輝く~」
 講師 尾木直樹氏(尾木ママ)(教育評論家、法政大学特任教授) 
15時30分 【閉会】

あおもりの未来をつくる子どもたちへのメッセージ

大会宣言

事例発表

平内町立山口小学校

yamagutisyo
 本校は、平成27年度からの二年間、文部科学省の「人権教育研究指定」を受けたことをきっかけに、学校課題の一つである「思いやりの心の育成」のため、これまでの教育活動を人権教育の視点から見直し、自己肯定感を育むことや、他者を尊重し豊かな人間関係が築ける児童の育成に取り組んでいます。
 人権教育をあらゆる教育活動に位置付け、規範意識や人を思いやる心を育むなど、人権に関わる意識を学校全体に浸透させ、全校体制で取り組むことにより、いじめや不登校が起きにくい校風がつくられつつあります。
 今回は、その取り組みの一端をご紹介いたします。

十和田市立東中学校

 本校では、いじめ追放に向け、生徒会執行部や生活委員会が中心となり、生徒の手で取り組みを進めています。
 特に、全校で行っている「いじめ追放パネルディスカッション」では、はじめに学級ごとに各学級の実態に応じた話合いを行い、それをもとに全校で課題解決に向けた話合いを行います。東中学校は、様々な小学校から生徒が集まっていることもあり、1年生の段階では、必ず人間関係のトラブルがみられます。
 このパネルディスカッションでは、そういった課題を出し合います。そして、全校で考えることにより、2・3年生になると人間関係のトラブルがほとんど見られなくなっています。
 これからもいじめをなくし、みんなが笑顔で安心して過ごせる学校をつくっていきます。

青森県立青森北高等学校

 本校は、普通科・スポーツ科学科合計約720名の生徒が、学習にも部活動にも積極的に取り組み、「文武両道」を実践し、自分たちの夢実現のためにさらなる高みを目指し日々向上しているところです。
 スポーツ科学科では、年に3回程度、青森県立第一高等養護学校との交流を行っています。車いすバスケの体験、集団行動の発表・体験やニュースポーツの体験など教育活動の一環として交流を行うことで、障害についての理解を深めています。コミュニケーションの輪が広がるとともに、思いやりの心とやさしさを育み、道徳的な自覚を深めることにつながっています。

講演「子どもも大人も居心地の良い学校・家庭・地域社会をめざして ~ありのままに今を輝く~」

  • kouen
    当日の講演の様子
 講師 尾木直樹氏
 プロフィール
 教育評論家、臨床教育研究所「虹」所長、法政大学特任教授
 滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、
22年間子どもを主役とした創造的な教育を展開、その後大学教員に転身して22年、
合計44年間教壇に立つ。それらの成果は200冊を超える著書(監修含む)、DVD・
ビデオソフト、映画類にまとめられている。
 多数の情報・バラエティ・教養番組やCMにも出演しており、「尾木ママ」の愛称で
幼児からお年寄りにまで親しまれている。

各種展示(会場 4階大研修室、中研修室、多目的室4A、4B)

展示内容 機 関
・「輝く笑顔推進キャンペーン」県内一斉声かけ活動の様子 他 環境生活部青少年・男女共同参画課
・いじめ根絶キャンペーン標語コンクール優秀作品
・いじめ防止キャンペーンCMの上映
教育庁生涯学習課
・犯罪被害者支援の取組
・いのちのパネル 他
環境生活部青少年・男女共同参画課
警察本部犯罪被害者支援室
あおもり被害者支援センター
・JUMPチームの活動紹介 他 警察本部少年課
・消費者被害防止啓発
・反射材効果体験コーナー 他
環境生活部県民生活文化課

  • 県内一斉声かけ活動の様子の展示
  • いじめ根絶キャンペーン標語コンクール優秀作品の展示
  • inotinopaneru
    いのちのパネルの展示
  • JUMP
    JUMPチームの活動紹介の展示
  • terumi
    消費者被害防止啓発の展示
    (青森県消費生活センターマスコットキャラクターテルミちゃん)
  • 反射材効果体験コーナー

主催・後援

主催 青森県、青森県教育委員会、青森県警察本部

後援 
 青少年育成青森県民会議、青森県市長会、青森県町村会、青森県地域婦人団体連合会、青森県交通安全母の会連合会、青森県地域活動連絡協議会、青森県更生保護女性連盟、社会福祉法人青森県社会福祉協議会、公益社団法人青森県防犯協会連合会、青森県市町村教育委員会連絡協議会、青森県小学校長会、青森県中学校長会、青森県高等学校長協会、青森県特別支援学校校長会、青森県私立中学高等学校長協会、青森県PTA連合会、青森県高等学校PTA連合会、青森県特別支援学校PTA連合会、青森県私立幼稚園連合会、青森県国公立幼稚園・こども園会、青森県児童館連絡協議会、青森県少年補導センター連絡協議会、青森県少年警察ボランティア連絡協議会、青森県人権擁護委員連合会、青森県BBS連盟、青森県保護司会連合会、青森県民生委員児童委員協議会、公益財団法人青森県母子寡婦福祉連合会、社会福祉法人青森県共同募金会、「小さな親切」運動青森県本部、一般社団法人青森県保育連合会、日本赤十字社青森県支部、青森県青少年赤十字指導者協議会、一般社団法人青森県子ども会育成連合会、日本ボーイスカウト青森県連盟、一般社団法人ガールスカウト青森県連盟、青森放送株式会社、株式会社青森テレビ、青森朝日放送株式会社、株式会社東奥日報社、株式会社陸奥新報社、株式会社デーリー東北新聞社、株式会社津軽新報社、NHK青森放送局、株式会社エフエム青森

この記事についてのお問い合わせ

青少年・男女共同参画課 青少年グループ
電話:017-734-9226  FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度