ホーム > 生活・環境 > 男女共同参画 > 「働き方改革」トップセミナー

更新日付:2015年9月2日 青少年・男女共同参画課

「働き方改革」トップセミナー

開催日時

平成27年10月14日(水)
13時から16時まで

場所

ラ・プラス青い森(青森市中央1-11-18)
メープル

対象

ワーク・ライフ・バランス推進に関心のある県内企業の経営者・管理職の方をはじめ、
どなたでも参加できます。(定員150名程度)

内容

「働き方改革」トップセミナーの内容
13時00分から13時10分まで 開会、主催者挨拶
13時10分から14時30分まで 【基調講演】
『経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス
 ~管理職だって人ごとじゃない!介護と仕事の両立の観点から~』

渥美由喜氏
(内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダー
(東レ経営研究所研究部長))
14時40分から16時00分まで 【パネルディスカッション】
〈パネリスト〉
・渥美由喜氏
・小笠原尚子氏(社会福祉法人福祉の里人事部長)
・内田征吾氏(株式会社東京堂代表取締役社長)
〈コーディネーター〉
・小磯重隆(弘前大学学生就職支援センター副センター長(准教授))

基調講演講師プロフィール
渥美由喜氏写真
渥美由喜(あつみなおき)氏
内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダー
(東レ経営研究所研究部長)

 1992年東京大学卒業。複数のシンクタンクを経て、2009年(株)東レ経営研究所に入社。これまでに海外10数ヶ国を含む、ワークライフバランス・ダイバーシティ先進企業、国内800社、海外150社を訪問ヒアリングし、4,000社の財務データを分析。また、コンサルタント、アドバイザーとして、実際にワークライフバランスやダイバーシティに取り組む企業の取組推進をサポート。
 プライベートでは9歳と5歳の2児を共働きの妻とともに育てており、2回、育児休業を取得。5年前から認知症、統合失調症を患っている父の介護(要介護1)に奮闘しており、介護は介互と実感。20年前から、週末に地元の公園で『子ども会』活動を継続し、約2,000人の子どもたちと出会う。市民の三面性=職業人、家庭人、地域人が座右の銘。

主催者

青森県

後援

青森労働局、青森県商工会議所連合会、青森県商工会連合会、青森県中小企業団体中央会、一般社団法人青森県経営者協会、青森経済同友会、青森県中小企業家同友会、青森県労働協会、青森放送株式会社、株式会社青森テレビ、青森朝日放送株式会社、NHK青森放送局、株式会社エフエム青森、株式会社東奥日報社、株式会社デーリー東北新聞社、株式会社陸奥新報社

申込方法

ファックス(申込書)またはメールで青森県青少年・男女共同参画課までお申し込みください。(10月5日締切)
(Eメールの場合は、参加者名、役職、会社・団体名(個人の場合は氏名)、連絡先をEメール本文に記入してお申込みください。)

この記事についてのお問い合わせ

青少年・男女共同参画課
男女共同参画グループ
電話:017-734-9228  FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度