ホーム > 生活・環境 > 男女共同参画 > 平成25年度「あおもりのカジダン・イクメン」フォトコンテスト入賞作品 発表!

更新日付:2013年11月11日 青少年・男女共同参画課

平成25年度「あおもりのカジダン・イクメン」フォトコンテスト入賞作品 発表!

今、家事や子育てをがんばる男性、「カジダン」と「イクメン」が注目されています。
青森県では、男性の積極的な家事・育児への参画を応援するため、「あおもりのカジダン・イクメン」フォトコンテストを実施し、入賞作品が決定しました!

【最優秀賞】 「まだまだ あるよ♪」(東 美絵子さん:十和田市)

【メッセージ】
 曾祖母が育てたジャガイモ畑を見るなり「娘とジャガイモ掘るぞ!」とお揃いの麦わら帽子と手袋を準備して、ここぞとイクメン振りを発揮!
 娘はパパが掘ったジャガイモをボンボン投げるのが楽しかったようで、娘が飽きるまでパパは掘り続けていました(笑)

【優秀賞】 「パパと一緒にお料理」(広住 仁さん:八戸市)

【メッセージ】
 3歳の娘はパパと一緒に毎日みそ汁を作っています。今日はパパの指導を受けながら猫でで豆腐を切っています。
 2人とも真剣な表情です。
                  (ママ談)

【優秀賞】 「お父さんの子宮」(房野 水保さん:青森市)

【メッセージ】
 我が家では産まれてからの赤ちゃんの抱っこ専門はお父さん。
 スリングの中で子どもたちは、いつも安らかで何時間でも寝てしまう。
 お父さんの心臓の音、ぬくもり、ゆりかごとまるで子宮の中、安心するのだろう。
 長女は長男が産まれてスリングに入れないと、さみしそうに「また、スリングに入りたいなぁ~」って。
 長男も次女が産まれてうらやましそうにしていたので入れてみた。とても嬉しそう。
 そんなに居心地がよいのだろうか?
 今、使用中の次女は安らかな時を過ごしている。
 父親との揺るぎない信頼感が1年、2年と時を越え優しく育まれている。

【入選】 「かいじゅうさんとどこまでも」(佐々木 珠恵さん:青森市)

【メッセージ】
 お腹に赤ちゃんがいるママのかわりに2歳になる双子を連れて、パパはお散歩へ出発。
 2人はお散歩に連れていってくれるパパが大好き。
 今日はかいじゅうさんを見つけて大はしゃぎ。パパがかいじゅうさんをゆらすともっともっと大はしゃぎ。
 パパ、来年は家族5人で一緒に遊びにいこうね。

【入選】 「たっちの練習」(對馬 早苗さん:弘前市)

【メッセージ】
 寝返りやはいはいなどが比較的早くできるようになった我が娘。
 次はたっちにあんよだと、パパははりきって練習させていました。
 パパって実は教育熱心パパだったのねぇと思わず笑ってしまった瞬間です。
 おかげで(?!)今ではすっかり、あんよが上手な娘です。

【入選】 「ありがとうの笑顔」(成田 ひとみさん:おいらせ町)

【メッセージ】
 予定外に長引いた入院期間を経て誕生した三男は生後1ヶ月で入院。
 退院後も毎日のように小児科受診が続きました。
 その留守中、長男・次男の世話や家事は夫が一手に引き受けてくれました。
 力を合わせてのりきった三男百日のお食い初め。
 しきたり通りではないけれど、ありがとうの笑顔いっぱいでお祝いした日の風景です。

この記事についてのお問い合わせ

環境生活部青少年・男女共同参画課 男女共同参画グループ
電話:017-734-9228  FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度