ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 河川・砂防・海岸・ダム・砂利砕石 > 水害・土砂災害への備えに関する要配慮者利用施設の管理者向け説明会を開催しました

更新日付:2016年12月27日 河川砂防課

水害・土砂災害への備えに関する要配慮者利用施設の管理者向け説明会を開催しました

概要

河川砂防情報等について、要配慮者利用施設の管理者のみなさまに理解を深めていただき、今後の洪水時の被害軽減に努めていただくことを目的として、施設の管理者に対する説明会を青森市、弘前市、八戸市の3会場で開催しました。

この説明会は、今年8月、岩手県岩泉町で豪雨により小本川が氾濫し、グループホームの入所者9名が死亡したことを受けて開催したものです。

説明会では国や県の担当者から、要配慮者施設では「避難準備情報」で避難行動の開始となることや、雨量や河川水位の情報の入手方法などが具体的に説明され、参加者からは「学んだことを参考にしてマニュアルを見直したい」といった声が聞かれました。

【関係機関】
 国:東北地方整備局、青森地方気象台
 県:健康福祉部、県土整備部、危機管理局

【対象施設】
県内の全要配慮者施設および入院施設のある病院・診療所施設
 
【会場・参加者数】
  • 青森会場 : 平成28年12月13日(火) リンクモア平安閣市民ホール (参加者300名(253施設))
  • 弘前会場 : 平成28年12月20日(火) 弘前市民会館 (参加者310名(253施設))
  • 八戸会場 : 平成28年12月21日(水) 八戸市公会堂 (参加者380名(316施設))
※参加者数は申込時点の数値です

説明資料

【補足事項】
平成28年12月26日より避難情報の名称が変更となりました。
資料中の「避難指示」は「避難指示(緊急)」に、「避難準備情報」は「避難準備・高齢者等避難開始」に読み替えてくださるようお願いします。
避難情報の新たな名称

会場の様子

  • 会場の様子
    会場の様子(青森会場)
  • 説明のポイント
    説明のポイント
  • 気象台の説明
    青森地方気象台の説明
  • 東北地方整備局の説明
    東北地方整備局の説明
  • 健康福祉部の説明
    青森県 健康福祉部の説明
  • 危機管理局の説明
    青森県 危機管理局の説明
  • 河川砂防課の説明
    青森県 河川砂防課の説明
  • 熱心に聴講される参加者
    熱心に聴講される参加者(弘前会場)
  • 熱心に聴講される参加者
    熱心に聴講される参加者(八戸会場)

この記事についてのお問い合わせ

河川砂防課 企画・防災グループ
電話:017-734-9662  FAX:017-734-8191

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度