ホーム > 生活・環境 > 交通安全 > 高齢ドライバーのためのページ

更新日付:2016年12月26日 県民生活文化課

高齢ドライバーのためのページ

高齢ドライバー
加齢に伴い、視力・判断力・筋力など、
身体機能は徐々に変化していきます。

「加害者」にも「被害者」にもならないために、
交通事故防止のための安全行動を今すぐ実践しましょう!
今すぐ実践!交通事故防止のための安全行動PDFファイル[178KB]
 高齢ドライバーのための安全運転のポイントを解説しています。
 (例えば・・・) 
 ●右折時は、対向車が途切れるまで待ちましょう。
 ●体調の悪い時や夜間は運転を控えましょう。
 ●高齢運転者標識を活用しましょう。 
 
運転免許の自主返納についてPDFファイル[247KB]
 ● 運転免許を自主返納するには?(受付場所、申請方法等)
 ● 運転免許自主返納者を支援しています。(支援例等)
 ● 自主返納後5年間は「運転経歴証明書」の交付が受けられます。
運転免許を自主返納された方への支援について (青森県警察のページへリンク)
青森県警察では、趣旨に賛同していただいた民間企業を通じて、
自主的に運転免許を返納された方の生活を支援する様々なサービスを提供しています。
【主な支援例】
●公共交通機関:タクシー料金の割引、バス切符購入助成、バスカード贈呈
●宅配サービス:購入商品の無料宅配サービス、等
運転適性相談窓口についてPDFファイル[217KB]
運転免許センター、各警察署等において、運転適性について心配のある方や、
そのご家族の皆さんからの運転適性相談を受け付けています。
(例)運転について不安をお持ちの高齢者の方や、そのご家族など
新たな高齢者講習制度について (青森県警察のページへリンク)
平成29年3月12日から、「臨時認知機能検査制度」「臨時高齢者講習制度」等が新設されます。
[75歳以上の運転者には・・・]
● 一定の違反をした場合、臨時認知機能検査の受検が義務付けられます。
● 同検査で一定の基準に該当すると、臨時高齢者講習の受講が義務付けられます。
● 更新時・臨時の認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された場合、医師の診断が義務付けられます。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課 交通・地域安全グループ
電話:017-734-9232  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度