ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 河川・砂防・海岸・ダム・砂利砕石 > 防災情報(河川)

更新日付:2014年2月20日 河川砂防課

防災情報(河川)

大雨や洪水、地震時においては事前の準備が重要です。
身近な河川の水位や避難場所、土砂災害の危険箇所等の情報を事前に知っておくと、いざと言う時に役立ちます。

河川の観測情報

雨量・水位観測情報
県及び国土交通省が観測している県内の雨量・水位の情報を提供しています。
 雨量・水位・ダム情報(河川砂防情報提供システム)
 

県内の雨量・水位観測所等の位置は以下の図で確認できます。
 ・東青地域県民局管内
 ・中南地域県民局管内
 ・三八地域県民局管内
 ・西北地域県民局管内
 ・上北地域県民局管内
 ・下北地域県民局管内
川の防災情報(携帯端末用)
QRコード
県内の雨量・水位・ダム情報を携帯端末用に下記のURL(左のQRコードからもアクセス可能)で掲載しています。

 http://www.pref.aomori.lg.jp/mobile/kasen/
洪水おしらせメール(パソコン又は携帯電話から登録して下さい)
 洪水時に河川水位の上昇を携帯メールでお知らせするサービスです。
 「洪水おしらせメール」に登録して早めの洪水情報をキャッチしましょう。
  サービスの詳細や登録方法

洪水予報河川について

 青森県と青森地方気象台は共同で、「堤川水系堤川」、「堤川水系駒込川」、「岩木川水系平川上流」、「馬淵川水系馬淵川中流」、「岩木川水系十川」の5河川において 『洪水予報』 を行っています。

また、東北地方での洪水予報の発令状況については、 気象庁ホームページ から確認できます。

水位周知河川について

 青森県では19水系31河川で 『水位周知』 を行っています。

浸水想定区域図について

 近年、短時間の集中豪雨が頻発し川の水位が急激に上昇する事もあるため、河川が氾濫した場合に住民の皆さんが迅速に避難できるようにするため、浸水が想定される区域や浸水の深さなどを図面化した 『浸水想定区域図』 を作成しています。
 青森県では、県が管理する河川のうち35河川について河川ごとに浸水想定区域図を作成・公表することにしており、現在、35河川全て公表されています。

洪水ハザードマップについて

 浸水想定区域を含む市町村においては、浸水区域や浸水深、避難場所等を記載した洪水ハザードマップを作成することになっています。
 県内で洪水ハザードマップを作成している市町村等について紹介しています。

また、全国のハザードマップ公表市町村は国土交通省の ハザードマップポータルサイト で確認できます。

事業所等の自衛水防に役立つ情報の提供について

平成25年7月に水防法が改正となりました。今回の改正の趣旨は
「全国各地で豪雨災害が多発する一方、水防団員の減少等による地域の水防力の弱体化が進む中、多様な主体の参画により、地域の水防力の強化を図る」というものですが、具体的な改正のポイントについては、
(1)水防計画に基づく河川管理者の水防への協力
(2)浸水想定区域内の地下街、高齢者等利用施設、大規模工場等における自主的な避難確保・浸水防止の取組の促進
(3)水防協力団体の指定対象を拡大し、建設会社等の民間企業や大学、自治会、ボランティア団体等との連携
 の3点となります。
なお、水防法改正についてのポイントや避難確保計画作成についての手引き等、および、事業所等の自衛水防取組み支援については、 以下の国土交通省のホームページをご参照ください。

土砂災害に関する防災情報は下記からご覧になれます

この記事についてのお問い合わせ

青森県 県土整備部 河川砂防課
電話:017-734-9662  FAX:017-734-8191

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度