ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 交通政策 > 北海道新幹線 > 奥津軽いまべつ駅

更新日付:2015年9月16日 交通政策課

北海道新幹線 > 奥津軽いまべつ駅

banner20150326
okutsugaruimabetsustation
提供:鉄道・運輸機構
平成27年4月13日撮影
IMG_8044
平成27年7月26日撮影

デザインコンセプト

「本州最北の地から北の大地へ
 ~津軽海峡の四季が感じられる駅~」
今別町のシンボルである青函トンネルをゲート風にデザインし、そのガラス壁面から津軽の自然のイメージを発信し、地元の誇りと愛着が感じられるような駅としています。
シンボリックなアーチを冠した駅入口と奥に延びる連絡通路、背後の駅舎を結びつけて、青函トンネルとその先に広がる津軽海峡、更に北海道の北の大地のイメージをデザインしています。
最上階ではアーチ製の開口部から切り取られた風景から、トンネルと豊かな自然を感じさせます。
  • 改札外コンコース イメージパース
  • 改札内コンコース イメージパース
  • 新幹線乗降場 イメージパース
  • CIMG2261
    改札外コンコース(平成27年7月4日駅見学会時に撮影)
  • con2
    改札内コンコース(平成27年7月4日駅見学会時に撮影)
  • CIMG4640
    新幹線乗降場(平成27年7月4日駅見学会時に撮影)

奥津軽いまべつ駅諸元

駅名 奥津軽いまべつ駅
キロ程(新青森起点) 38k510m00
所在地 青森県東津軽郡今別町
ホーム長さ 10両対応 263m
ホーム形式 相対式 2面3線
ホーム幅員(上り) 階段部7.0m、一般部4.0m
ホーム幅員(下り) 階段部6.62m、一般部3.7m
ホーム階段箇所 各ホーム 1箇所
ホーム待合箇所 各ホーム 1箇所
駅本屋形式 橋上
駅本屋面積 2,070平方メートル
待合所面積 27平方メートル
旅客トイレ 男性:大2小2 女性:大2 多機能:1
旅客上家形式 全覆い
旅客上家長さ 263m
エスカレーター(乗降場~コンコース) 各ホーム 1台
エレベーター(コンコース~駅前広場) 2台(11人乗り)
エレベーター(乗降場~コンコース) 各ホーム 1台(11人乗り)
その他 ホーム待合室 上り:16平方メートル 下り:16平方メートル
運転事務室 2箇所
運転形式 通過列車有

奥津軽いまべつ駅に関する経緯
年月日 項目
平成
24. 4.26 鉄道・運輸機構から県及び今別町に対しデザイン案の提示
24. 5.29 今別町が駅舎デザイン推薦案を決定、県へ報告
24. 6. 8 鉄道・運輸機構が駅舎デザインを決定
25. 4.26 今別町が駅名「奥津軽いまべつ駅」をJR北海道本社へ要望
25. 6. 4 奥津軽(仮称)駅新築工事安全祈願
26. 6.11 JR北海道が新駅名を発表
 奥津軽(仮称)駅 → 奥津軽いまべつ駅
27. 6.30 奥津軽いまべつ駅建築工事の竣功
27. 7.31 奥津軽いまべつ駅開業準備駅設置
28. 3.26 奥津軽いまべつ駅開業

駅周辺状況

tyoukanperse
IMG_27
奥津軽いまべつ駅周辺では今別町屋内駐車場(48台収容)及び今別町屋外駐車場(34台収容)が整備されています。
隣接する「道の駅アスクル」については、平成27年4月24日(金)にリニューアルオープンし、リニューアル後の一ヶ月で入場者数が2万人を超えるなど、盛況を博しています。
現在、駅前広場について今別町で工事を進めているところです。

また、奥津軽いまべつ駅は、JR津軽線「津軽二股駅」に接続します。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県 企画政策部 交通政策課 新幹線グループ
電話:017-734-9152  FAX:017-734-8035

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度