ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 交通政策 > 航空機乗継利用をPRするリーフレットを作成しました

更新日付:2016年9月23日 交通政策課

航空機乗継利用をPRするリーフレットを作成しました

航空機の乗継利用とは?

 航空機の乗継とは、出発地から目的地まで、他の空港を経由して飛行機を使って移動することです。
 飛行機を乗り継ぐことで、直行便がなくても目的地へ早く行くことが出来ます。また、各航空会社のネットワークを利用すれば、青森空港から全国各地へのアクセスが可能になります!

リーフレットについて

 県では、乗継利用の利便性を知っていただくためのリーフレットを作成しました。リーフレットは、県交通政策課や青森空港に配置するほか、4月25日(月)~5月29日(日)まで、県内のセブン・イレブン各店舗にも設置します。
 また、航空関係の各種イベントでも配布する予定としていますので、ぜひご活用ください。
リーフレット
航空機乗継のメリットや利用方法、乗継航空券と宿泊予約をセットにしてウェブ上で簡単に予約できる「ダイナミックパッケージ」などを紹介したリーフレットです。
  • 乗継リーフレット画像p1
  • 乗継リーフレット画像p2・p3
  • 乗継リーフレット画像p4
チラシ
青森空港から各地の空港への乗継利用ダイヤやお得な運賃設定を掲載したチラシです。
リーフレットに差し込み、ワンセットで配布する予定です。また、大きなダイヤ変更のたびに内容を更新します。
※現在掲載中のものは平成28年3月27日~5月31日までのダイヤ・運賃です。
  • 差込部分画像p1
  • 差込部分画像p2

国内線乗継Q&A

Q1 航空機に2回も乗ると料金が高いのでは?

各航空会社の「乗継割引運賃」設定区間なら、通常の2区間分の料金に比べて、とてもお得な料金で旅行ができます。
また、旅行会社のパッケージツアーを利用するのも便利です。

Q2 乗継に必要な時間は?

羽田空港乗継の場合、同じ航空会社の乗継で25分以上が必要です。
異なる航空会社の飛行機を乗り継ぐ場合は、50分以上が目安です。

Q3 乗り継ぎがある場合の搭乗手続き(チェックイン)は?

同一の航空会社であれば、出発空港で乗継便の搭乗手続きも行います。そのため、羽田などの乗継空港では、特に手続きは不要です。

Q4 預けた手荷物はどうなるの?

同じ航空会社であれば、出発空港で預けた荷物は、最終目的地まで運んでもらえます。


関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

交通政策課 航空グループ
電話:017-734-9153  FAX:017-734-8035

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度