ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 交通政策 > 国際線利用者への助成制度

更新日付:2017年8月25日 交通政策課

国際線利用者への助成制度

 青森空港国際化促進協議会では、青森空港を発着する青森・ソウル線の利用促進を図るため、渡航費用等の一部を助成する制度を設けています。

1 グループ旅行助成金

趣旨
 青森・ソウル線の利用促進を図るため、当路線を往復利用して外国を訪問する団体に対して助成金を交付します。
対象経費
 平成29年5月24日から平成30年2月28日まで定期便を往復費用して外国を訪問する団体旅行・手配旅行の渡航費用の一部。(協議会助成のパッケージ旅行を除く。)
助成対象者
 5名以上の団体
助成額
人数 助成額
5~9人 3万円
10~29人 5万円
30~49人 15万円
50人以上 25万円

2 人財育成助成金

趣旨
 県内の児童・生徒・学生の国際理解、国際交流の促進と、青森・ソウル線の利用促進を図るため、当路線を往復利用して外国を訪問し、訪問先団体と交流事業を実施する団体に対して助成金を交付します。
対象事業
 一 県内の学校が主催する修学旅行及びそれに準じる海外研修事業、国際交流事業
 二 県内各市町村、各教育委員会が主催し、県内の児童等が参加する海外研修事業、国際交流事業
 三 県内の民間団体が主催し、県内の児童等が参加する海外研修寺領、国際交流事業
 四 前3つに準じる事業で、協議会が特に認める事業
対象経費
 修学旅行等交流事業に参加する児童等の海外渡航及び渡航先での各種交流事業経費の一部。
助成対象者
 県内の児童等で構成される5名以上の団体(これには同行する保護者・教職員等は含みません)。
助成額
 参加する児童等の数に一人あたり2万円を乗じて得た額。ただし1団体あたり100万円を上限とします。

3 国際交流事業助成金

趣旨
 県内の児童・生徒・学生の国際理解、国際交流の促進と、青森・ソウル線の利用促進を図るため、当路線を利用して本県を訪問する海外の団体を受け入れ、国際交流事業を実施する団体にに対して助成金を交付します。
対象事業
 以下の団体の主催により、海外の団体を受け入れて実施する事業
 一 県内の学校
 二 県内各市町村又は各教育委員会
 三 県内の民間団体
 四 その他、内容・趣旨等が準じる事業で、協議会が特に認めた事業
対象経費
 交流会や現地視察等の国際交流活動に要する経費の一部(通訳や講師への謝礼など)。
助成対象者
 県内の児童等で構成される5名以上の団体。
助成額
 本県を訪問する海外の団体の構成員一人あたり1万円以内。ただし、1団体あたり30万円を上限とし、助成対象経費の総額を限度とします。

4 申請様式等

5 パスポート取得助成

1 対象期間:平成29年8月27日から平成30年2月28日までの青森空港出発便
※予定数に達した時点で終了となります。

2 対 象 者:旅券取得(更新を含む)後の初めての旅行に、青森空港発着のソウル定期便を利用する、韓国又は韓国以外の国への渡航者

3 対象商品:青森空港国際化促進協議会会員の旅行会社が販売する旅行商品、航空券

4 助成内容:旅行会社において事前に申込手続きを完了した方について、1人当たり5,000円を、旅行代金から割り引きします。

5 申込方法:旅行会社の店頭窓口でお申し込みください。

6 実施主体等:実 施 青森空港国際化促進協議会、協 力 韓国観光公社
助成制度についてのお問い合わせ
 これらの助成制度は青森空港国際化促進協議会が実施しています。詳細については事務局までお問い合わせください。
 青森空港国際化促進協議会事務局(青森商工会議所内)
 tel 017-734-1311
 fax 017-775-3567

この記事についてのお問い合わせ

交通政策課 航空グループ
電話:017-734-9153  FAX:017-734-8035

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度