ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > よくある質問 > 急傾斜地崩壊危険区域とは?

更新日付:2011年7月22日

急傾斜地崩壊危険区域とは?

回答

 急傾斜地崩壊危険区域とは、崩壊するおそれのある急傾斜地(傾斜度が30度以上の土地)で、その崩壊により相当数の居住者その他の者に危害が生ずるおそれのあるもの及びこれに隣接する土地について、「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」の規定に基づき、知事が指定した土地のことです。
 この土地においては、水の浸透を助長する行為、のり切、切土、立木竹の伐採、工作物の設置などの行為が制限されます。
 急傾斜地崩壊危険区域の中でこれらの行為をしようとする場合には、その区域を所管する地域県民局地域整備部までご相談ください。
関連ホームページ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

県土整備部 河川砂防課 砂防グループ
電話:017-734-9670  FAX:017-734-8191
各地域県民局地域整備部管理課
  • 東青地域県民局地域整備部 電話:017-728-0200
  • 中南地域県民局地域整備部 電話:0172-32-1131
  • 三八地域県民局地域整備部 電話:0178-27-5111
  • 西北地域県民局地域整備部 電話:0173-34-2111
  • 上北地域県民局地域整備部 電話:0176-22-8111
  • 下北地域県民局地域整備部 電話:0175-22-8581

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度