ホーム > 生活・環境 > 建築住宅 > 応急危険度判定

更新日付:2016年8月19日 建築住宅課

応急危険度判定

 応急危険度判定士は、被災地において、都道府県知事等の要請により応急危険度判定を行う技術者であり、青森県では「青森県震災建築物応急危険度判定士認定要綱」に基づき建築士を対象に講習を実施して認定登録を行っています。判定士認定証の有効期限は5年となっておりますので、有効期限が切れる前に更新手続を行って下さい。
 なお、有効期限が切れた後でも、講習会を再度受講することなく更新することは可能となっております。
 また、他県で判定士の認定を受けた方で、本県で新たに判定士の認定を受けたい方も受講することなく認定を受けることができますので、お問い合わせ下さい。

新着情報

・平成28年度地震被災建築物の「応急危険度判定士」養成講習会を平成28年10月27日(木)に開催します。
 (開催案内)[96KB]
 (受講申込書)[33KB]

応急危険度判定士の申請書等について

認定申請書:応急危険度判定士の認定を知事から受けるための申請書で、提出書類は次の通りです。
  • 建築士法第5条第2項の免許証の写し
  • 応急危険度判定講習の修了証の写し
  • 写真(申請前の6月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景の縦3cm、横2.5cmのカラー写真)
  • その他知事が必要と認める書類
更新申請書:応急危険度判定士の更新を受けるための更新申請書で、提出書類は次の通りです。
  • 認定書
  • 写真(申請前の6月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景の縦3cm、横2.5cmのカラー写真)
再交付申請書:応急危険度判定士の認定書を紛失等した場合の再交付申請書で、提出書類は次の通りです。
  • 写真(申請前の6月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景の縦3cm、横2.5cmのカラー写真)
変更届:応急危険度判定士の認定を受けた内容に変更が生じた場合の変更届で、提出書類は次の通りです。
辞退届:応急危険度判定士の認定を辞退する場合の辞退届で、提出書類は次の通りです。
  • 認定書

養成講習会の開催

地震被災建築物の「応急危険度判定士」養成講習会を次のとおり開催します。

日 時 : 平成28年10月27日(木)13時30分から16時30分まで
会 場 : 青森県庁西棟8階大会議室
対 象 : 建築士及び行政関係者等

開催案内[96KB]
受講申込書[33KB]

関係機関(リンク)

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

建築住宅課 建築指導グループ
電話:017-734-9693  FAX:017-734-8197

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度