ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 港湾・空港 > 八戸港

更新日付:2008年7月1日 港湾空港課

八戸港

昭和26年1月19日重要港湾指定

昭和35年1月29日港湾区域公示

八戸市
八戸港
 八戸港は、青森県の太平洋岸南部に位置し、貨物取扱量や貿易額等において県内随一の港湾であると共に、関東以北においても有数の港勢を誇る重要港湾である。
 昭和3年(1928年)内務省指定港湾に位置付けられ、翌4年八戸港となってからは昭和14年(1929年)開港、昭和26年(1951年)重要港湾に指定と続き、それに伴い港勢の拡充・整備が進められてきた。その後、昭和39年(1964年)に八戸地区が新産業都市に指定されてから、臨港部を含む背後地域は北日本有数の臨海工業地域として発展しており、それらを支える八戸港が地域に与える経済効果は計り知れないものとなっている。
 また八戸港は、平成6年(1994年)に東北地方初の外貿定期コンテナ航路を開設させてから、平成8年(1996年)には輸入促進地域(FAZ)の指定を受けるなど、従来の工業港としての役割に加え、北東北地域の国際物流拠点としてますますその重要性が増してきている。
 その他に、八戸の水産業は全国的に知られており、特定第3種漁港である八戸漁港は、八戸港と共に発展を続け現在の地位を築いている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

港湾空港課・港湾整備推進グループ
電話:017-734-9677  FAX:017-734-8194

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度