ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 港湾・空港 > 青森港

更新日付:2016年2月15日 港湾空港課

青森港

昭和47年5月9日港湾区域公告

昭和26年1月19日重要港湾指定

青森市
青森港
 1625(寛永2)年弘前藩第2代藩主津軽信枚は、幕府から津軽から江戸への廻船(太平洋海運への参画)を許される。これを契機に、藩主導の下で、浜町・本町・米町に始まる湊町青森の町づくりが行われる。
 その後商港として発展し、明治24年(1891年)東北本線、同27年(1894年)奥羽本線の開通、さらに同41年(1908年)には青函連絡船も就航し、北海道への表玄関として、あるいは東北地方北部における物流の中心基地として重要な役割を果たしてきた。
 この間、1906年(明治39年) 4月1日 特別輸出港となり、貿易港として開港指定となる。
 昭和26年(1951年)には重要港湾の指定を受け、本港地区において中央ふ頭、浜町ふ頭、堤ふ頭と順次整備が進められた。その後、取扱貨物の増加に伴い新たに沖館地区への係留施設の整備が開始された。現在では、沖館地区に4万トン岸壁(-13m)、フェリーふ頭等が整備されているほか、青森港の東西を結ぶ臨港道路(青森ベイブリッジ)が供用され物流の円滑化が図られている。
 また、より豊かで潤いのある港湾空間の再生を図るべく、「青い海公園」など本港地区を中心に臨海部における緑地の整備を進めている。
○青森港の港湾施設について

港湾法第十二条五項及び港湾法施行規則第三条の三の規定に基づき青森県の管理する施設を次のとおり公示する。その関係図面は、青森県庁県土整備部港湾空港課において一般の縦覧に供する。

・青森港 港湾施設一覧

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

港湾空港課
電話:

港政グループ 017-734-9673
港湾整備推進グループ017-734-9677
港湾計画・空港グループ017-734-9674
港湾振興グループ017-734-9676
  FAX:017-734-8194

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度