ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 道路行政 > 既存ストックの有効活用

更新日付:2012年5月18日 道路課

既存ストックの有効活用

青森自動車道『救急車退出路』運用開始!

地域住民の救命率向上へ期待!
「青森市内にある県立中央病院に一分でも早く患者さんを搬送したい」という関係者の強い願いで、平成16年10月14日、青森県に初めての救急車退出路が誕生しました。
 「青森中央ICからは渋滞に巻き込まれるし、青森東ICだと距離的に遠い」という、救急医療サイドのもどかしさを払拭するために、退出路は青森中央ICから青森東IC寄り約500メートル東に整備、国道7号青森環状道路に斜路でアクセスさせました。
 退出路は、県と国、日本道路公団の連携により整備が進められ、完成により搬送時間は10~15分短縮。また、60分以内到着人口カバー率は65%から83%となり、地域住民の救命率が大きく向上することが期待されます。
  • 救急車退出路の全景
    「救急車退出路の全景」
  • ゲートを通過する救急車
    「ゲートを通過する救急車」

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

道路課
電話:017-734-9649  FAX:017-734-8189

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度