ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 都市計画 > 社会資本整備総合交付金事業(都市公園事業)

更新日付:2016年9月23日 都市計画課

社会資本整備総合交付金事業(都市公園事業)

社会資本整備総合交付金事業

1.社会資本整備総合交付金とは
 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的としています。本交付金は平成22年度予算より、これまでの個別補助金を原則廃止し、以下の4つを基幹事業として設定します。

 ○活力創出基盤整備
 ○水の安全・安心基盤整備
 ○市街地整備
 ○地域住宅支援

 これらの施策目的実現のため基幹的な事業(基幹事業)のほか、関連する社会資本整備や基幹事業の効果を一層高めるソフト事業を含めた幅広い事業を一体的に支援するものです。
2.社会資本総合整備計画とは
 
 社会資本整備総合交付金の交付要綱で示される地方公共団体が各分野ごとに策定する事業計画です。概ね3~5ヵ年の計画となり、この計画期間内で定量的な指標を定め、目標として設定しすることで進捗状況、事業効果の発現状況を確認することができ、達成に向けた取り組みを効果的に後押しすると共に、事業進捗の一層の推進と地域住民への客観的な評価を反映できるものです。
3.社会資本総合整備計画の公表について
 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8)

 また、計画を作成したときには、公表することとなっています。(要綱第10の1)
県の都市公園事業では、以下の計画を作成し国土交通大臣に提出しています。
○策定年度・・・・平成27年度
○分野名・・・・・・市街地整備
○整備計画名・・新青森県総合運動公園の整備によるスポーツの振興と県民福祉の充実
○策定主体・・・・青森県
○計画期間・・・平成28年度~平成32年度
社会資本総合整備計画(平成28年度~平成32年度)PDFファイル[316KB]
社会資本総合整備計画(平成28年度~平成32年度)参考図面PDFファイル[372KB]
4.社会資本総合整備計画の評価について
 交付期間の終了後には、社会資本総合整備計画の目標の実施状況について評価を行い、これを公表するとともに、国土交通大臣に報告することとなっています。(要綱第10)
社会資本総合整備計画(平成23年度~平成27年度)事後評価書[339KB]

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県 県土整備部 都市計画課 公園グループ
電話:017-734-9684 FAX:017-734-8196

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度