ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 河川・砂防・海岸・ダム・砂利砕石 > 6.駒込ダム以外で浸水被害を防ぐ方法

更新日付:2017年12月1日 東青地域県民局地域整備部駒込ダム建設所

6.駒込ダム以外で浸水被害を防ぐ方法

 堤川水系では、これまで下湯ダムや横内川多目的遊水地が完成しています。今後は、「駒込ダム」を整備し、堤川下流や駒込川沿川の浸水被害から皆様を守ります。
 駒込ダムを整備する以外で浸水被害を防ぐ方法としては、以下の方法があります。

1.川幅を広くする方法

 洪水を安全に流すことができるように、川の幅を広げます。堤川の甲田橋付近での川幅は約90mとなり、多くの家屋移転などが必要となります。
  • 川幅を広くする方法
  • 川底をほる方法
     堤川 甲田橋付近

2.川底をほる方法

 洪水がきても大丈夫なように、川底をほります。しかし、現状より深く掘ってもすぐに埋まってしまいます。また、これまでにつくった護岸や橋などもつくり直す必要があります。
  • 川底をほる方法
  • 駒込川 福田橋付近

3.遊水地をつくる方法

 洪水を一時的にためる遊水地をつくります。遊水地をつくることにより、多くの水田などがなくなるほか、家屋移転なども必要となります。
  • 遊水地をつくる方法
  • 遊水地をつくる方法
    駒込川 左岸遊水地

4.放水路をつくる方法

 洪水を直接海に流す放水路をつくります。放水路を地下型式(トンネル)とすることで、家屋移転などは少なくできますが、多額の費用がかかります。
  • 放水路をつくる方法
  • 放水路をつくる方法

いずれの方法も多くの家屋移転や橋のかけ替えが必要になるなど、
多くの問題があります。
やじるし
環境に配慮しながら皆様のくらしに影響を与えない場所に駒込ダムをつくり、
浸水被害を防ぎます。

この記事についてのお問い合わせ

県土整備部 河川砂防課 ダムグループ
電話:017-734-9664  FAX:017-734-8191
〒030-8570
青森県青森市長島1-1-1 河川砂防課

東青地域県民局 地域整備部 駒込ダム建設所
電話:017-777-3812 FAX:017-777-4064
〒030-0822
青森県青森市中央3-20-1

駒込ダム建設事業に関するご意見をお寄せください。
メールによるご意見は下記のアドレスまでお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度