ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 建設技術管理・システム > 青森県の建設副産物対策に対する取り組み

更新日付:2013年5月22日 整備企画課

青森県の建設副産物対策に対する取り組み

青森県建設副産物対策会議

 建設事業における建設リサイクルを推進するために、国(農林水産省・国土交通省)・県・市町村・関係公団・民間が建設副産物の再利用等について適宜調整を図るものです。

建設副産物とは

 建設副産物とは、建設工事に伴い副次的に得られる物品であり再生資源及び廃棄物を含むものです。
 再生資源とは、副産物のうち有用なものであって、原材料として利用できるもの又はその可能性のあるものです。
 例えばコンクリート塊は廃棄物であるとともに、再生資源としても位置付けられるものです。
 建設発生土は再生資源であり、廃棄物ではありません。

建設リサイクル推進行動計画

建設リサイクル推進行動計画の趣旨

リサイクル推進行動計画は、以下の3つを基本に策定しています。
 1.発生・搬出抑制の徹底
 2.リサイクルの徹底
 3.適正処理の推進

本計画の推進に当たっては、以下の事項に重点を置きまとめています。
 1.発注者としての責務の徹底
 2.受注者への指導
 3.リサイクル促進のための施策

この記事についてのお問い合わせ

県土整備部 整備企画課 技術管理グループ
電話:017-734-9645  FAX:017-734-8184

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度