ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 河川・砂防・海岸・ダム・砂利砕石 > 岩木山火山噴火緊急減災対策砂防計画

更新日付:2016年1月27日 河川砂防課

岩木山火山噴火緊急減災対策砂防計画

 岩木山は、津軽平野の西側にそびえる標高1,625m の活火山です。西暦1863 年の噴火を最後に約150 年間噴火しておりませんが、江戸時代には活発な火山活動が確認されております。噴火等が生じた場合、広範囲に影響を与えるとともに、火山噴火に伴う土砂災害が長期的に頻発するなど、地域全体へ甚大な影響が懸念されます。

 国土交通省は平成19年4月、近年の噴火災害を踏まえ「いつどこで起こるか予測が難しい火山噴火に伴い発生する土砂災害に対して、ハード対策とソフト対策からなる緊急対策を迅速かつ効果的に実施し、被害をできる限り軽減(減災)すること」を目的とした「火山噴火緊急減災対策砂防計画策定ガイドライン」を示しました。

 これを受け、東北地方整備局青森河川国道事務所と青森県県土整備部河川砂防課では、平成25年度に学識経験者や防災関係機関からなる「岩木山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会」を設置し、「岩木山火山噴火緊急減災対策砂防計画」について審議して参りました。

 このたび平成27年3月25日(水)開催の第4回検討委員会において計画内容が了承され、同日付で計画が策定となりました。
 国と県では今後も引続き「岩木山火山防災協議会」と情報共有を図り、また本砂防計画の詳細検討を進めて参ります。

岩木山火山噴火緊急減災対策砂防計画(平成27年3月)

噴火シナリオ及び火山災害要因の影響が及ぶおそれのある範囲(火山ハザードマップ)

「岩木山火山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会」において了承された岩木山の噴火シナリオ及び火山災害要因の影響が及ぶおそれのある範囲(火山ハザードマップ)です。

この記事についてのお問い合わせ

河川砂防課 砂防グループ
電話:017-734-9670 (直通)  FAX:017-734-8191

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度