ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 中南地域県民局地域整備部 道路施設課

更新日付:2008年7月22日 中南地域県民局地域整備部

中南地域県民局地域整備部 道路施設課

道路施設課 業務内容

工事の調査、設計及び監督に関すること。
土木工事の技術的市道に関すること。
道路の災害復旧工事に関すること。
道路の技術的維持、管理に関すること。
道路相談、苦情に関すること。
除雪及び建設機械に関すること。
工事の調査、設計及び監督に関すること。
土木工事の技術的問題に関すること。

中南地域県民局地域整備部の道路の概況

 当県民局所管の道路網は、中央を縦断している東北縦貫自動車道及び国道7号を軸に、津軽地域の中心都市である弘前市から放射状に広がっています。
 管内の主な道路として、弘前市から黒石市を経由し、十和田湖方面に連絡する国道102号、津軽半島方面へ北上する国道339号、秋田県方面へ通じる国道282号、津軽と南部を連絡する国道394号、白神山地にアクセスし日本海西岸に通じる主要地方道岩崎西目屋弘前線。また岩木山を眺め鰺ヶ沢に至る弘前鰺ヶ沢線を基幹に57路線、総延長561.4kmとなっております。
 主な事業としては、地域住民の利便性の向上、地域振興を図るため道路改築事業、交通安全施設等整備事業、災害防除事業等の各種事業を実施しているほか、道路の維持管理や除排雪、防雪柵設置、消融雪溝等の冬期道路環境整備も実施しています。
 管内の主な幹線道路の中では、県土東西連絡道路を構成している国道102号については平成12年度に豊川バイパス及び南中野バイパスが全線完成し、着実に整備が進められています。また、地域高規格道路として進められている国道102号弘前・黒石IC道路については平成11年度に弘前尾上道路が供用になっており、引き続き尾上黒石道路の整備を進め、平成16年度全線供用しております。
 平成20年度の主な事業は、主要地方道岩崎西目屋弘前線道路改良事業(津軽ダム下流工事用道路I工区)、主要地方道大鰐浪岡線橋梁整備((仮称)石川大橋)事業、及び津軽横断道路である一般県道小友板柳(停)線道路改良事業(小友工区)などとなっております。
弘前平賀線
平成19年度に開通した弘前平賀線
種別 実演長(路線数) 舗装延長 改良延長 砂利道延長 除雪延長 対実延長率
  舗装済 舗装率 改良済 改良率 砂利道 砂利道率
(A) (B) (B/A) (C) (C/A) (D) (D/A) (E) (E/A)
一般国道 102.0(5) 102 100 72.6 71 0 0 80.8 79
主要地方道 209.7(10) 201.2 96 153.6 73 8.5 4 176.2 84
一般県道 250.4(42) 218.6 87 150.3 60 31.8 13 203.6 81
562.1(57) 521.8 93 376.7 67 40.3 7 460.6 82

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局 地域整備部 道路施設課
電話:0172-32-0800(直通)  FAX:0172-36-5360(地域整備部共通)
弘前合同庁舎(代)0172-32-1131(内線245)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度