ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 都市計画 > 下水道>青森県下水道計画

更新日付:2016年7月1日 都市計画課

下水道>青森県下水道計画

青森県汚水処理施設整備構想(第4次構想)
 本構想は、県と市町村が協力し全県域にわたって下水道、農業集落排水、合併処理浄化槽などといった汚水処理施設について、その関係所管部局と調整し、地域の実情に応じた適正な整備手法を選定するもので、今後の汚水処理施設整備の方針となるものです。
 
□ 汚水処理における早期概成を目指した取り組み
(1)平成37年度をアクションプラン※の目標年次とし、汚水処理人口普及率(処理人口/行政人口)88%以上を目指します。
 特に、その中で集合処理(下水道・農業集落排水等)の普及率(処理人口/計画人口)については90%以上を目指します。
(2)選択と集中による区域の見直しを行い、効率的な処理区に見直します。
(3)早期概成を目的とし、事業未着手の処理区について事業手法を再度選択します。
(4)下水道・農業集落排水処理施設等の統廃合を行い、今後の維持管理費及び改築更新費の低減を図ります。
(5)汚水処理の重要性を広く住民へ周知し、浄化槽の設置を促進します。
※アクションプランとは、今後10年程度を目処に汚水処理の概成(地域のニーズ及び周辺環境への影響を踏まえ、各種汚水処理施設の整備が概ね完了すること)を目指した各種汚水処理施設の整備プランのこと。

□ 汚水処理人口普及率(%)=(汚水処理人口/全県人口)×100

□ 「青森県汚水処理施設整備構想」(第4次構想)

I 本編 [2674KB]

1.総論
 1.1 はじめに
 1.2 汚水処理施設整備構想策定の趣旨
 1.3 主な用語定義

2.汚水処理施設の役割としくみ
 2.1 汚水処理施設の役割
 2.2 汚水処理施設のしくみ
 2.3 汚水処理事業の種類

3.汚水処理整備の現状と課題
 3.1 汚水処理施設の整備状況
 3.2 現状の課題

4.第4次構想の策定方針
 4.1 検討組織
 4.2 汚水処理施設整備構想の策定フロー
 4.3 汚水処理施設整備構想の基本方針

5.青森県汚水処理施設整備構想(第4次構想)
 5.1 第4次構想の概要
 5.2 目標に向けた施策
 5.3 県民・市町村・県の役割

II 構想計画図
 00-汚水処理施設整備構想図-全県[5161KB]
 01-汚水処理施設整備構想図[3671KB]
 02-汚水処理施設整備構想図[4667KB]
 03-汚水処理施設整備構想図[7468KB]
 04-汚水処理施設整備構想図[9919KB]
 05-汚水処理施設整備構想図[7796KB]
 06-汚水処理施設整備構想図[8136KB]
 07-汚水処理施設整備構想図[3857KB]

Ⅲ 構想中期・長期目標
 中期目標(アクションプラン)【市】[3112KB] 
 中期目標(アクションプラン)【町村】[8200KB]
 長期目標【市】[3144KB]
 長期目標【町村】[8001KB]

この記事についてのお問い合わせ

青森県 県土整備部 都市計画課・下水道グループ
電話:017-734-9688 FAX:017-734-8196

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度