ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 都市計画 > 都市・まちづくり>街路

更新日付:2015年9月4日 都市計画課

都市・まちづくり>街路

街路事業とは

事業の基本方針
 街路事業においては、安全・安心な社会の確立、人口減少・超高齢社会や地球環境問題への対応、集約型都市構造の実現、ユニバーサルデザインの実現、中心市街地等における都市の活力の再生・地域の活性化等、本県が抱える諸課題に対応するため、重点的かつ効率的な事業展開を図ります。
1.事業の目的
 街路は、市街地内の道路であり、都市基盤施設の中で最も基本となるもので、街づくりの基本となる施設です。街路事業は、都市計画法に基づき都市計画事業の認可を行い、都市計画決定された道路を整備する事業のひとつで、都市を代表する公共空間を形成し、活力ある都市づくり、安全で安心できる市街地を形成することを目的としています。
 街路を整備する手法としては、ほかに土地区画整理事業、市街地再開発事業等によるものがあります。
2.事業の役割
 都市の最も基本的な施設である街路は、交通機能・空間機能・市街地形成機能など次のような多様な機能を持っています。
街路事業の役割
3.現在の整備状況(改良率)
 平成27年3月31日現在、445路線1,147.1kmの都市計画道路が計画決定されています。このうち、658.7kmの整備が完了しています。(改良率約57.4%)
青森県の街路改良率

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県県土整備部都市計画課市街地整備グループ
電話:017-734-9682
FAX:017-734-8196

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度