ホーム > 県政情報 > 広報広聴 > 県民だよりあおもり2015年12月号(No.154)を発行しました

更新日付:2015年12月1日 

県民だよりあおもり2015年12月号(No.154)を発行しました

○『元気で安心して暮らせるまちへ』
100歳になっても元気に健やかに
あおもりロコトレ
患者とその家族が安心して暮らせる地域をめざして
地域で見守り、支え合う、安心で優しい社会をめざして

高齢になっても元気でそして安心して暮らせるまちづくりに向けた福祉の取組について紹介しています。

※各ページの画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。
県民だよりあおもり2015年12月号表紙
表紙
八戸市南郷「山の楽校」楽校長岩崎光宏さんと山の楽校スタッフと家族の皆さん

 

高齢者が培ってきた「知恵の継承」を地域のみんなで繋いでいくことの大切さ、そして仲間と集いながらいつまでも元気に活躍できる場所がある幸せについて語っていただいています。
県民だよりあおもり2015年12月号P2
元気で安心して暮らせるまちへ







100歳になっても元気で健やかに

今年で100歳になる南部町の熊谷正一さんの健康で長生きの秘訣を伺っています。
県民だよりあおもり2015年12月号P3
いつまでも自分の足で歩き続けていくために
体の健康はまず元気な足腰から。

ロコモティブシンドローム、通称ロコモの予防や介護が必要になった場合の症状を軽減するための簡単な体操「あおもりロコトレ」を紹介しています。

※ロコモティブシンドローム : 筋肉、骨、関節、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態
県民だよりあおもり2015年12月号P4
患者とその家族が安心して暮らせる地域をめざして

高齢化社会が進む中、認知症の人の増加が見込まれています。
一般社団法人愛成会弘前愛成会病院院長の田﨑博一さんから、認知症を正しく理解することの重要性等について伺いました。



脳の健康チェックリスト
認知症の相談窓口

ちょっとでも気になったらご家族やご自分でチェックしてみましょう
県民だよりあおもり2015年12月号P5
地域で見守り、支え合う、安心で優しい社会をめざして

地域が人を優しく見守っていく社会、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指し活動する八戸市田面木地区の皆さんの取組を、田面木地区社会福祉協議会会長の前田洋子さんに伺いました。


地域ぐるみで認知症の方を支える田面木まごころネットワークの活動を紹介しています。
県民だよりあおもり2015年12月号P6
知事コラム「申吾のほっとコラム」
私の健康法あれこれ





人口減少克服 未来を変える挑戦

(人口減少克服に向けた県の取組や、青森県の現状などをシリーズでお伝えします)
 VOL.4 人口増加につながる仕組みをつくる挑戦
県民だよりあおもり2015年12月号P7
青森県職員の給与と職員数のあらまし
詳しくは、青森県庁ホームページの人事行政の概要ページもあわせてご覧ください。


良医を育む地域・青森へ -青森県の挑戦-



県職員からのお知らせコーナー 自然保護課 馬場 宏志
自然公園内での建物の新築などには許可・届出が必要です
詳しくは、県庁ホームページの青森県の自然公園ページもあわせてご覧ください。
県民だよりあおもり2015年12月号P8
おいしく健康「だし活」ごはん!
今回のレシピは「焼干しだしのおでん」
焼干しの香ばしい風味は、料理に独特のコクと奥行きを加えるので、いつもとはひと味違う、味わい深い一品になります。

あおもりインフォメーション
県からのお知らせです。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

広報広聴課 広報グループ
電話:017-734-9137  FAX:017-734-8031

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度