ここから本文です

県のすがた

位置(いち)

東北地図 わたしたちの青森県は、本州(ほんしゅう)の最北端(さいほくたん)にあり、岩手県(いわてけん)、秋田県(あきたけん)ととなりあっています。
 この位置を緯度(いど)と経度(けいど)でみてみると、

  • 北緯40度12分(田子町(たっこまち))から41度33分(大間町(おおままち))
  • 東経139度30分(深浦町(ふかうらまち))から141度41分(階上町(はしかみちょう))

の間にあり、ニューヨーク(アメリカ)、北京(中国)、ローマ(イタリア)、マドリード(スペイン)とほぼ同じ緯度に位置しています。

青森県地図

面積(めんせき)

 青森県の面積は、9,644.55平方キロメートルで、全国第8位の広さです。
 この面積は、東京都(とうきょうと)と千葉県(ちばけん)、神奈川県(かながわけん)をあわせた広さとほぼ同じです。
 県の面積の約66パーセントは森林です。

人口(じんこう)

東北各県の人口  青森県の人口は、2010年10月1日現在(国勢調査)1,373,339人で、全国で第31位、東北では第3位となっています。
 人口のことについて、もっと知りたい人は
こちら››「こどもデータランド」

気候(きこう)

 青森県は、同じ県内でも、中央部に位置する奥羽山脈(おううさんみゃく)により、日本海側(にほんかいがわ)と太平洋側(たいへいようがわ)とで、気候がいちじるしくちがいます。
 冬には、しめった空気が山脈にぶつかり日本海側に雪を降らせる一方、夏は、「ヤマセ」とよばれる、冷たい北東風(ほくとうふう)のため、太平洋側で低温の日が続くときがあります。
 青森の冬は厳しいですが、春がくると、寒い冬にたえた木々の若葉はいっそうあざやかにかがやき、暑い夏にはエネルギーをはちきらせるように木々や花々が燃えさかります。
 秋は1日のうちでも朝晩は寒く、昼は暖かいなど、寒暖(かんだん)の差が大きいため、紅(あか)はいっそう紅く、黄色はいっそう黄色に、木々がそれは見事に色づきます。
 このように、青森県は季節の移り変わりがはっきりして、どの季節も自然が美しいのが特徴です。

○青森の春


○青森の夏


○青森の秋


○青森の冬


気候について、もっと知りたい人はこちら 青森地方気象台

本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)