ここから本文です
ホーム > キッズページ「トップ」> 青森県って?> 青森県のシンボルってなに?

青森県のシンボルってなに?

県旗(けんき) 「県章(けんしょう)」(1961年制定)

県旗(けんき) 「県章(けんしょう) 青森県は、まさかりの形をした下北半島(しもきたはんとう)と津軽半島(つがるはんとう)との間に陸奥湾(むつわん)をかかえた、とても特徴的な形をしていますね。
 これは、この青森県の地形を図案化(ずあんか)したものです。
 白地は、無限(むげん)に広がる宇宙世界(うちゅうせかい)を、深緑色は、躍進発展(やくしんはってん)してやまない希望と未来をあらわしています。


県の花 「りんごの花」(1971年制定)

県の花 「りんごの花」 りんごの花は、ほんのりピンク色をおびた、とても可憐(かれん)な花で、5月上旬から中旬にかけて咲きそろいます。
 青森県は、日本一のりんごの生産量をほこり、りんごの花は青森の春を美しくいろどります。


県民鳥(けんみんちょう) 「白鳥」(1964年制定)

県民鳥(けんみんちょう) 「白鳥」 白鳥は、夏の間はシベリアなどで子どもを育て、冬に日本などにわたってくる「渡り鳥(わたりどり)」とよばれる鳥で、青森県にも毎年、多くの白鳥が飛来(ひらい)します。
 白鳥が空を飛んでくるのを見ると、青森の寒い冬がおとずれるのを実感しますね。


県の木 「ヒバ」(1966年制定)

県の木 「ヒバ」 ヒバは、厳しい風雪(ふうせつ)にもたえ、たくましい生命力をもつ青森県を代表する針葉樹(しんようじゅ)です。
 よい香りや美しい木肌(きはだ)、抗菌性(こうきんせい:細菌(さいきん)が増えることをふせぐ力)にすぐれていることなどが特徴で、青森のヒバは日本三大美林(にほんさんだいびりん)の一つにかぞえられています。


県の魚 「ひらめ」(1987年制定)

県の魚 「ひらめ」 ひらめは、淡白(たんぱく)ながらもうま味と歯ごたえがあり、お寿司屋(すしや)さんなどでも人気のある高級魚(こうきゅうぎょ)です。
 青森県が進める「つくり育てる漁業」を代表する魚で、生産量は、日本一をほこります。


本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)