ここから本文です
ホーム > キッズページ「トップ」> 青森県クイズ> 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)はいつの時代の遺跡かな?

三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)はいつの時代の遺跡かな?

やったー!正解です!

三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は、
縄文時代(じょうもんじだい)の遺跡だよ。

解説(かいせつ)

 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は、今から約5500年前〜4000年前の縄文時代(じょうもんじだい)の集落あとだよ。
 以前は、縄文人(じょうもんじん)は、決まったところに住まないで、狩猟(しゅりょう)や採集(さいしゅう)をしながら生活をしていたって思われていたんだけど、三内丸山遺跡の発見によって、縄文人(じょうもんじん)が、長い期間にわたって、定住生活(ていじゅうせいかつ)をしていたことがわかったんだよ。
 いまや、三内丸山遺跡は、日本の縄文時代を代表する遺跡なんだ。

 写真:ブナ原生林

三内丸山遺跡

本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)