ここから本文です
ホーム > キッズページ「トップ」> 青森県のひみつ> 「地名編」「青森」の地名はどこからついたの?

「青森」の地名はどこからついたの?

 昔、現在の青森市の港のほうに、松が青々とおいしげる小高い森があって、漁船が港にくるときの目印(めじるし)になっていたんだ。  漁師たちは、その森を、しだいに「青森」とよぶようになったんだよ。

 津軽藩(つがるはん)二代目藩主(はんしゅ)、津軽信牧(つがるのぶひら)がその地に藩港(はんこう)の開発(かいはつ)をめいじたとき、漁師がよんでいた名前からとって「青森村」となったのが始まりだよ。

本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)