ここから本文です
ホーム > キッズページ「トップ」> 青森県のひみつ> 「地理編」謎(なぞ)が謎をよぶ「日本中央の碑(ひのもとちゅうおうのひ)」

謎(なぞ)が謎をよぶ「日本中央の碑(ひのもとちゅうおうのひ)」

 東北町(とうほくまち)には、「日本中央(ひのもとちゅうおう)」という文字がきざまれた謎の石があるよ。
 この石は、昭和24年、地元の人に発見されたもので、大きさは高さ1.5メートル、幅0.7メートル。「つぼのいしぶみ」ともよばれているんだ。

写真:日本中央の碑 うっすらと「日本中央」の文字が... 写真:日本中央の碑歴史公園 この石には、2つの謎があるよ。

1.文字をきざんだ人はだれ?
 8世紀末から9世紀初めにかけて、蝦夷(えぞ:東北地方(とうほくちほう)や北海道(ほっかいどう)は昔「蝦夷」とよばれていたんだよ)を征伐(せいばつ)した征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)がきざんだという説や、田村麻呂のあとに征夷大将軍となった綿麻呂(わたまろ)がきざんだという説があるよ。

2.「日本中央」ってどういう意味?
昔は、北海道のずっと北にある千島列島(ちしまれっとう)までを日本の領土(りょうど)としていたので、それから見ると、東北町は、日本の中央ぐらいにあたるよ。

「日本」とは日本の国という意味ではなく、蝦夷地(えぞち)をあらわすという見方、つまり、「蝦夷の中央」という意味ではないかという説もあるんだ。

本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)