ここから本文です
ホーム > キッズページ「トップ」> 青森県のひみつ> 「地理編」縄文人(じょうもんじん)は豊かな生活をしていた?

縄文人(じょうもんじん)は豊かな生活をしていた?三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)

三内丸山遺跡 青森市にある三内丸山遺跡は、今から約5500〜4000年前の、日本最大規模の縄文時代の集落あとなんだ。

 以前は、縄文人は、決まったところに住まないで、狩猟(しゅりょう)や採集(さいしゅう)をしながら生活をしていたって思われていたんだけど、三内丸山遺跡によって、縄文人が、長い期間にわたって、定住生活(ていじゅうせいかつ)をしていたことがわかったんだよ。
 それだけ、平成4年の三内丸山遺跡の発見は、日本の歴史において、とても大きい出来事だったんだ。

 調査で、建物のあとやたくさんの土器、石器などが見つかって、縄文人が、住むところ、お墓(はか)、祭りの場所、物をしまう場所、ゴミ捨て場などをわけて使っていたことがわかっているよ。
 中には、直径(ちょっけい)が約1メートルもあるクリの木の柱を6本建てたあとなどもあったんだ。
 また、日本の他の地域でとれるヒスイや黒曜石(こくようせき)なども見つかって、他の地域と交易(こうえき:おたがいに品物の交換や売り買いをすること)していたことがわかったほか、ヒョウタン、ゴボウ、マメ、クリなどを栽培(さいばい)していたこともわかって、縄文時代のそれまでのイメージががらっと変わったんだよ。

三内丸山遺跡についてもっと詳しく知りたくなったらこちら

本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)