ここから本文です
ホーム > キッズページ「トップ」> 青森県のひみつ> 「地理編」日本一長い木の三連太鼓橋(さんれんたいこばし)

日本一長い木の三連太鼓橋(さんれんたいこばし)

鶴の舞橋(つるのまいはし)  鶴田町(つるたまち)の津軽富士見湖(つがるふじみこ)にかかる「鶴の舞橋(つるのまいはし)」は、鶴(つる)が優雅(ゆうが)に舞(ま)う姿をあらわした、長さ300メートル、幅3メートルのひばづくりの橋で、木の三連太鼓橋(さんれんたいこばし)としては、日本一の長さなんだ。
 1つのアーチ(半円形の部分)の長さが100メートル、三連で300メートルになっているよ。
 ちなみに、太鼓橋(たいこばし)とは、太鼓のように半円形(はんえんけい)に反(そ)った橋のことだよ。半円形のものが3つ連なったものを、三連太鼓橋というよ。

本文終了です
青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)