ホーム > 県政情報 > 行政経営(県有財産) > 青森県のインハウスエスコ事業

更新日付:2008年7月1日 行政経営管理課

青森県のインハウスエスコ事業

インハウスエスコ事業最終実績(H19.3.30現在)
 「インハウスエスコ事業」は平成19年3月末をもって2ヶ年度の事業を終了いたました。

 おかげ様で、当初の事業目標である「40県有施設に対し、光熱水費3,600万円/年の削減」を大きく上回る 「49施設に対し、光熱水費5,303万円/年 の削減」 (平成19年3月30日現在)を達成することができました。
 関係者の皆様方からの御支援・御協力、誠にありがとうございました。

 本事業実施により2ヶ年度で開拓された省エネ手法などを満載した「青森県のインハウスエスコ事業」冊子が完成しましたので、ぜひ活用してください(平成19年2月発行)。
 →くわしくは 「青森県のインハウスエスコ事業」《職員自ら取り組む県有施設の省エネルギー改善》をどうぞ。 

総務学事課分室
 平成17年4月1日、青森県庁に「総務学事課インハウスエスコグループ」が誕生し、平成17~18年度の2ヶ年度で「インハウスエスコ事業」実施による県有施設の光熱水費削減に取り組んだところ、平成18年11月30日には目標である光熱水費削減3,600万円/年が達成されました。
 なお、平成19年3月31日をもちまして本事業は終了いたしましたが、最終的な光熱水費削減は5,303万円/年となったことをご報告いたします。

↓県の施策としての「インハウスエスコ事業」
青森県重点推進プロジェクト(わくわく10)での位置付け(PDFファイル:46KB)

インハウスエスコ事業の目標
・2年間で40施設に対し、光熱水費 3,600万円 /年の削減を目指します。
(民間エスコ事業者が通常行うエスコ契約期間約10年で算定すると、事業効果は3億6千万円となります。)
・事業の経過やノウハウを広く公開していきます。

素朴な疑問!?
 …そもそも「インハウスエスコ」って何?

エスコ事業(PDFファイル:8KB)のエスコとは、エネルギーサービスカンパニー(Energy Service Company)の略であり、施設内における省エネルギーに関する技術提案、改修指導、効果の検証、保守管理等のサービスを包括的に提供し、それまでの環境を損なうことなく省エネルギーを実現する事業です。 そして、インハウスエスコ事業(PDFファイル:23KB)は、 インハウス(組織内)において、この仕組みを用いて事業を展開したものです(事業のフロー(PDFファイル:8KB))。
 
 ちなみに、この事業は県職員を対象とした「提案者事業実施制度(庁内ベンチャー制度)」で採択されたものであり、平成17年度及び18年度の2ヶ年度にわたって行われました。

 →今もムダに消費されているエネルギーがあります!!
 県民の財産を健全な状態で最適な運用改善を行い、私たちにできることからはじめようとするのが「インハウスエスコ事業」です。
青森県庁のページ

この記事についてのお問い合わせ

行政経営管理課
電話:017-734-9095(直)  FAX:017-734-8014

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度